PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【アイスランド】元を取るには何をすればよい? ~ブルーラグーン~

1410~1416日目 国旗 アイスランド アイスランド のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • 世界最大の露天風呂「ブルーラグーン(Blue Lagoon)」
  • 個人的な評価と感想

下記は、2017年9月時点の内容になります。



~ 続き ~

旅程
~6日目~
・黄金の滝「グトルフォス(Gullfoss)」
・間欠泉「ゲイシール(Geysir)」
・地球の割れ目「シンクヴェトリル国立公園(Þingvellir)」
・世界最大の露天風呂「ブルーラグーン(Blue Lagoon)」
※オレンジ字が今回のブログ内容になります

ブルーラグーン
アイスランドの首都レイキャビク(Reykjavík)の南西約40km、レイキャネース半島にある温泉リゾート。同市街からは車で40分、ケプラヴィーク国際空港から同15分の距離にある(レイキャビクと空港の間の幹線道路沿いにある)。ここには天然の温泉ではなく、スバルトセンギ地熱発電所が地下2000mから発電のために汲みあげた熱水を二次利用した、世界最大級の露天風呂(面積5000m2)がある。ミネラル塩やケイ素、藻などを含んだ白濁した熱水を海水で薄めたもので、コンピュータ制御により37~39℃の水温に維持されていて、皮膚病治癒の効能がある。

ブルーラグーン MAP  
一部Dliftから引用

ブルーラグーンは予約が必要です。

ブルーラグーン公式HP
ブルーラグーン2 

料金は6,100ISK≒6,570円~
ブルーラグーン1 

他メンバーが予約した入場時間が19時だったのでボクは同行することをやめました。

というのも、ブルーラグーンといえばミルキーブルーの光景が見所と思っていたので、夜のブルーラグーンには興味がなかったです。

というか、入場料 高いっ!! (日中帯は8,000ISK≒8,610円もする)

ボクはフリー温泉で十分です(笑)

せっかくなので一緒に行くことに
P9210405.jpg 
中はこんな感じみたいです。
P9210418.jpg 
泥パックが名物
P9210535.jpg 
ビールも飲めます。
P9210492.jpg 


最後に、個人的な評価と感想を。

世界最大の露天風呂「ブルーラグーン(Blue Lagoon)」
■評価
??点  行ってないので

■感想
行くのであれば日中帯。でもそうなると半日潰すことになるので日程に余裕がないと厳しいかもしれません。そして何よりも入場料金がネックです。温泉入るのに8,610円?ヨルダンのペトラ遺跡よりも高いのでは。

ブルーラグーン4 ブルーラグーン7 
シングヴェトリル国立公園20 
ブルーラグーン3 
ブルーラグーン6 ブルーラグーン5 ブルーラグーン8

そんなこんなで6日目 終了。


あとがき
8,610円分の元を取るためには何をすればいいんだろう?

温泉?

泥パック?

いやいや、それじゃ無理だ。

可愛いおねーちゃんにマッサージしてもらうぐらいじゃないと割に合わない。

“ボクにはブルーラグーンは向いていない気がする”   と思ふ今日この頃でございます

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| アイスランド | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chupatrip.blog.fc2.com/tb.php/973-049e21d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT