PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【韓国】昌徳宮 チャンドックン ~ソウル~

1269~1281日目 国旗 韓国 ソウル@韓国 のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • なぜ昌徳宮(チャンドックン)だけが世界遺産?
  • 日本語無料ガイドツアー参加する・しないによるブログ記事のクオリティ

下記は、2017年5月時点の内容になります。



4大古宮の1つ昌徳宮(チャンドックン)に行ってきました。

昌徳宮
1997年に登録された韓国の世界遺産(文化遺産)。首都ソウル北方にあるソウル五大王宮の一つで、李氏朝鮮時代初期の1405年、第3代朝鮮王の太宗により、正宮である景福宮に対する離宮として建設された、敷地面積が58万m2の建造物である。1614年の再建後、約270年間、正宮として使用したこともあった。1592年の文禄の役(壬辰倭乱、豊臣秀吉の第一次朝鮮出兵)で焼失後、正門である敦化門や、正殿で王が日常の政務を行っていた仁政殿、王妃の寝室として利用されていた大造殿などの木造建造物は1614年に再建され、韓国の宮殿の中では最も往時の姿を今に残す遺構となっている。1910年の日韓併合後も、王朝最後の王・純宗の住まいとなった。その後朝鮮総督府により改変された。また、現在残っている大造殿奥の面積20万m2のピウォン(秘苑)は1623年に再建されたもので、代表的な韓国庭園といわれている。

昌徳宮(チャンドックン)7 昌徳宮(チャンドックン) 3 昌徳宮(チャンドックン) 1 昌徳宮(チャンドックン) 4 昌徳宮(チャンドックン) 2 昌徳宮(チャンドックン) 5 昌徳宮(チャンドックン) 6 
一部Dliftから引用

コネスト 昌徳宮
韓国旅行「コネスト」から引用


入場料3,000KRW→1,500KRW≒150円(「春の旅行週間」キャンペーン価格)日本語無料ガイド11:00(1日1回)
20170506_1278日目_2昌徳宮001 


敦化門(トンファムン)

ソウルの宮殿に現存する最古の正門
20170506_1278日目_2昌徳宮003 
4大古宮の中でここ昌徳宮(チャンドックン)だけが世界遺産に登録されています。景福宮(キョンボックン)の方が規模は大きく、なにより本宮なのに、なぜ昌徳宮(チャンドックン)だけ?やっぱり昌徳宮(チャンドックン)だけが保存状態が良く、他3つの古宮は豊臣秀吉が全壊させてしまったからなんでしょうかね?
20170506_1278日目_2昌徳宮004 

錦川橋(クムチョンギョ)

ソウルに残る最古の石橋。水の気配もない。
20170506_1278日目_2昌徳宮073 20170506_1278日目_2昌徳宮005 
相変わらずあちこちでチマチョゴリを着て記念撮影している韓国人女子がたくさんいます。
20170506_1278日目_2昌徳宮006 20170506_1278日目_2昌徳宮008 


仁政殿(インジョンジョン)

昌徳宮の正殿


20170506_1278日目_2昌徳宮009 20170506_1278日目_2昌徳宮010 
20170506_1278日目_2昌徳宮012 20170506_1278日目_2昌徳宮078 
1900年代に導入されたシャンデリア
20170506_1278日目_2昌徳宮013 


宣政殿(ソンジョンジョン)

20170506_1278日目_2昌徳宮076 20170506_1278日目_2昌徳宮041 
王が日常的な政務を行なった便殿(ピョンジョン)
20170506_1278日目_2昌徳宮079 20170506_1278日目_2昌徳宮042 20170506_1278日目_2昌徳宮043 
現存する宮殿の中で唯一青い瓦屋根をもつらしいけど、これを知ったのブログ記事を書いている今です・・・


煕政堂(ヒジョンダン)

王と王妃の生活空間。
20170506_1278日目_2昌徳宮045 
家族で記念撮影をしていました。このあと家族全員で撮ってあげました。
20170506_1278日目_2昌徳宮046 
西側に王室の台所である水刺間(スラカン)を置きます。このほか大造殿裏の景薫閣(キョンフンガッ)では古いオンドルの構造を見学できます。とのことだけど、これを知ったのブログ記事を書いている今です・・・
20170506_1278日目_2昌徳宮048 20170506_1278日目_2昌徳宮049 


大造殿(テジョジョン)

王と王妃の生活空間
20170506_1278日目_2昌徳宮082 20170506_1278日目_2昌徳宮051 20170506_1278日目_2昌徳宮052 


誠正閣(ソンジョンガッ)・内医院(ネイウォン)

王位を継承する太子が、学者たちと儒教の勉強をした場所

喜雨楼(フィウル)
20170506_1278日目_2昌徳宮054 
ここで宮中文化祝典の1つ「王室御典医体験」をしました。体験レポートはこちら。
20170506_1278日目_2昌徳宮063 20170506_1278日目_2昌徳宮086 


楽善斎(ナッソンジェ)

後宮(フグン、王の妾)を迎え入れるために建築し、その後も後宮や女官が余生を送る空間として使用されました。壁に長寿を意味するカメの甲羅模様になっているらしい・・・。
20170506_1278日目_2昌徳宮067 20170506_1278日目_2昌徳宮077 
20170506_1278日目_2昌徳宮069 
隣接している昌慶宮(チャンギョングン)と裏庭の造りが似ています。
20170506_1278日目_2昌徳宮068 20170506_1278日目_2昌徳宮070 


秘苑エリア・昌慶宮(チャンギョングン)

別料金を支払えば、昌徳宮(チャンドックン)の秘苑エリア、また隣接する昌慶宮(チャンギョングン)に行くことができます。
20170506_1278日目_2昌徳宮065 

あとがき
4大故宮の中で日本語無料ガイドツアーに参加したのは、景福宮(キョンボックン)と昌慶宮(チャンギョングン)の2つだけ。

参加する・しないで、ブログ記事の内容の厚みが全然違う。

参加した方が、印象に残り記憶が蘇ってくるけど、個人で見て回る場合は、事前に調べておかないとただ見て写真を撮るだけの作業になってします。

“ガイドツアーの有難みをしみじみ感じるんだな”   と思ふ今日この頃でございます


最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| 韓国 | 21:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

詳しい説明とたくさんの写真があっていいですね。
ただ気になったのですが、
「他3つの古宮は豊臣秀吉が全壊させてしまったからなんでしょうか」
という文はどこかで聞いたか本に書いてあったのでしょうか?

| ここんとうざい | 2017/05/20 07:44 | URL |

Re: こんにちは。

> 詳しい説明とたくさんの写真があっていいですね。
> ただ気になったのですが、
> 「他3つの古宮は豊臣秀吉が全壊させてしまったからなんでしょうか」
> という文はどこかで聞いたか本に書いてあったのでしょうか?
勘違いさせてしまっていたらごめんなさい。
正確には「他3つの古宮は豊臣秀吉が全壊させてしまったからなんでしょうかね?」という疑問文です。
当分のとおり、なんで昌徳宮だけが世界遺産に登録されているんだろうと疑問をもったので、少し調べたのですが簡略された答えが見つからず、「豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に故宮などを全壊させたこと」と「昌徳宮は他の故宮に比べて保存状態が良かったこと」を踏まえて、ボクが勝手に推測しました。そのため、文献やWEBサイトからの引用というわけではありません。

| ShinShin | 2017/05/20 19:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chupatrip.blog.fc2.com/tb.php/887-a904db80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT