PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【渡航歴】メキシコ・アルゼンチン②

まえがき
今回の内容でございます。
  • 2013.01 メキシコ・アルゼンチン旅行記


~続き~



ウシュマル/Uxmal
マヤ古典期後期に栄え、建築物の壁面を覆うプウク様式と呼ばれる複雑なモザイク装飾を特徴とする。

ウシュマル遺跡
ウシュマルはカバー・サイール・ラブナー・シュラパック遺跡などを含む約160km2の区域の中心と考えられています。ウシュマルとはマヤ語で「3回建てる」という意味の通り、何度も建て直されました。マヤ文明の代表的な遺跡と言えます。メリダからカンペチェ行きバスで1時間30分。メリダからは周辺の遺跡を回る周遊バスもあります。

渡航歴_メキシコ_ウシュマル_1
引用

渡航歴_ウシュマル遺跡_地図2

入口を入ってすぐ見えた
渡航歴_ウシュマル遺跡_7渡航歴_メキシコ_56

魔法使いのピラミッド
ウシュマル王の挑戦を受けた小人が、母親である魔法使いの力を借りて一夜にして建てたと言われるピラミッド。角の丸くなっているピラミッドは珍しい。

渡航歴_メキシコ_55

高さ38メートル。 60度の傾斜角
渡航歴_ウシュマル遺跡_2

裏側に回ると、雨乞いの髪として崇拝されていたというチャック像が階段に沿ってぎっしり並べられている。
渡航歴_ウシュマル遺跡_3

アーチをくぐると、
渡航歴_メキシコ_55_2渡航歴_メキシコ_55_3


尼僧院

小さな部屋をもつ4つの建物が中庭を取り囲んでいるので、ウシュマルを征服したスペイン人が「尼僧院」と名付けた。

渡航歴_ウシュマル遺跡_4

「プウク様式」壁一面に彫刻を施した石の組み合わせ、複雑なモザイク(幾何学模様)や蛇などのモチーフで華麗に装飾する
渡航歴_ウシュマル遺跡_1

球戯場
宗教的な意味合いが強い球技は、サッカーのように手が使えなかった。石の輪に球を打ちこむと、一気に勝ちとなるルール。

渡航歴_メキシコ_55_5渡航歴_メキシコ_55_6

総督の館
ウシュマルの支配者が使っていたといわれている。
その理由の一つが、正面に立っているモニュメント「パワーの源」「権力の象徴」だからとか。
渡航歴_ウシュマル遺跡_10

グレートピラミッド
高さ30m。ウシュマル遺跡の全体が見渡せる。

渡航歴_メキシコ_55_7渡航歴_ウシュマル遺跡_11

ウシュマル遺跡にはイグアナがあちこちにいた
渡航歴_ウシュマル遺跡_6




メリダ/Mérida
ユカタン州の州都メリダ。ウシュマル遺跡とチチェンイッツア遺跡の間に位置する。州都だけあり街は大きく、遺跡ツアーや観光拠点に利用する観光客が多い。

夕方に到着
渡航歴_メキシコ_59_3渡航歴_メキシコ_59_2

当初、メリダはウシュマル遺跡を観た後、宿泊のためだけに滞在する予定だった。

渡航歴_メリダ地図

翌早朝にチチェンイッツア遺跡に移動するので、ホテルでシャワーを浴びてすぐ寝れる準備をしてから飯を食べに外出した。

渡航歴_メキシコ_59_5渡航歴_メキシコ_59_4

何を食べようかと中心地をぶらぶらしていると市庁舎前にステージやパイプ椅子、音響装置などの設置されていた。

後日、調べて分かったが、メリダでは毎週?月曜の21時から無料で、ユカタンの伝統音楽ハラナに合わせて踊るバケリーアというユカタン州の伝統舞踊ショーだった


大体の観光客は、お金を払ってツアーに参加したりチケットを購入し、観光客ばかりの中に混じって、特定の施設の中で、小一時間、観賞すると思う。
ボクもほとんどこうやって観てきた。
でも、メリダで観たバケリーアは、無料で、地元住民に混じって、街の中心地で(屋外)、4時間ほど、多種多様の歌、踊り、衣装を披露する。
これまで観た伝統舞踊の中でトップクラスの内容だった。(No.1かもしれない)

オススメです!!

何か始まりそうな雰囲気だったのでコンビニでビールを買って、一般客向けの椅子に座って待った。(ステージ前のパイプ椅子は有料席?だった。関係者やメディアカメラマンやお偉いさんがいた)

21時になってバケリーアが始まった。

王(神)に模した男を中心に誕生をテーマにした演目が始まる

渡航歴_メキシコ_58

種を撒き大地を造る

音楽が変わり、女王(女神)が登場し、ピチピチのスリットネーチャンが飛び跳ねる


てっきり市庁舎前だけでやると思っていたら、広場を中心に四方のあちこちでやっていた。

路上オペラを見ていたらカテドラル前でスペイン植民地時代をテーマにした演目が始まっていた


オッサンの歌声に合わせて2種の衣装の男女が踊る


白地に花柄の入った衣装ウイピルとオネーチャンがカワイイ。同じメリダでもオバちゃんの場合があるみたい。今回はみんなピチピチ。
渡航歴_メキシコ_59_2_2



ぶつからないように交差し紐を編んで、更に元に戻す。そうとう練習したんどうろうなー


ビール瓶とテキーラグラスを置いたお盆を頭に乗せて踊る。顔を見合わせた時に恥ずかしがるオニーチャンがカワイイ。


フィナーレ。コケたとき応援した。甲子園でがむしゃらに頑張る高校球児を応援するように。(ちなみにボク甲子園観たことないです)



大満足な夜を過ごし、翌朝チチェン・イッツア遺跡に向かった。


~続く~




あとがき
メキシコの伝統舞踊は州によって様々な音楽、踊り、衣装などがある。

ハリスコ州。マリアッチ楽団の演奏に合わせてスカートを大きく振って踊る。
渡航歴_メキシコ_民族衣装_8

ベラクルス州。音楽ソン・ハローチョに合わせてフラメンコの要素が見られる踊りをする。
渡航歴_メキシコ_民族衣装_9

オアハカ州。色鮮やかな衣装を着てパイナップルを持って踊るフロール・デ・ピーニャ、黒字の布に細かい刺繍が施されたサンドゥンガ。
渡航歴_メキシコ_民族衣装_11渡航歴_メキシコ_民族衣装_12

ユカタン州。白地に花柄のウイピル。
渡航歴_メキシコ_民族衣装_15

アステカ起源の踊りコンチョロス
渡航歴_メキシコ_民族衣装_13渡航歴_メキシコ_民族衣装_14

コウイウノスキ州オレノシュミ
渡航歴_メキシコ_民族衣装_7渡航歴_メキシコ_民族衣装_9渡航歴_メキシコ_民族衣装_1渡航歴_メキシコ_民族衣装_6


“いつも最後に違う方向にいっちゃんだよな~”   と思ふ今日この頃でございます

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| H2 渡航歴_2001~2013 | 01:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chupatrip.blog.fc2.com/tb.php/67-5b4c4f1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT