PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【渡航歴】西欧・中欧(フランス)

まえがき
今回の内容でございます。
  • 2005.04 西欧、中欧旅行記(フランス)

~続き~

flag_flag_of_France_1.pngフランス/France

訪問都市の自己評価(凡例はココ   
渡航歴_フランス_自己評価 
現時点で興味がある都市、観光スポット、世界遺産を挙げてみました。
オススメがあれば教えてくださ~い
渡航歴_フランス_訪問予定都市 


パリ/Paris
噂に聞いていたオシャレでエレガントな街、パリ。

パリで1発目に思ったこと。

“近くね?”
渡航歴_フランス_パリ_1 

そんなパリに3日間いた。

もーなんといっても街並みがシャレオツ
 渡航歴_フランス_パリ_11 渡航歴_フランス_パリ_24 

気分までエレガントにさせるシャンゼリゼ通りを歩いていると、ヴィトン本店。
渡航歴_フランス_パリ_3 

気に入った商品だけを手に取るヨーロッパ人に対して、商品は購入するものの何でも商品を触るのが日本人、商品は購入せずに散らかして帰るのが中国人、と当時店員が言っていた。

今では、中国人もバンバン購入するみたいで、商品価値を下げるアジア人対策かわからないが、ヴィトン本店では購入制限が設けられ1人3個までになっているそうです。(昔はそうじゃなかったような)

シャンゼリゼ通りの突き当りには、ナポレオンの命で建設されたエトワール凱旋門
渡航歴_フランス_パリ_4 

めっちゃ見てるし
渡航歴_フランス_パリ_5 

観光名所がたくさんあるパリ。
お上りさん状態で観光しました。

オリンピック招致アピールしているエッフェル塔
結果は、ロンドンが勝利しました。
渡航歴_フランス_パリ_6 

モンマルトルの丘のサクレ・クール寺院(意は「聖なる心臓」)
渡航歴_フランス_パリ_12 

オペラ座の内観
渡航歴_フランス_パリ_28  

ノートルダム大聖堂(意は聖母マリア)。ゴシック建築の代名詞。
渡航歴_フランス_パリ_14 

サント・シャペル(意は「聖なる礼拝堂」)。
高貴な青の天井と360度のステンドグラスが圧巻。オススメです。
渡航歴_フランス_パリ_15 
渡航歴_フランス_パリ_16 

ルーブル美術館
渡航歴_フランス_パリ_17 

館内は広く、全部見回るのに2,3日いるとか言われています 
渡航歴_フランス_パリ_20 

平日でも人で溢れかえっています
渡航歴_フランス_パリ_29

モナ・リザってすごい小さいんです
渡航歴_フランス_パリ_30 

ここまできてもよくわからん
渡航歴_フランス_パリ_18 

ルーブル美術館で一番のお気に入りはサモトラケのニケ
なのに写真がない??興奮して撮るのを忘れた?どこにいった?

引用
ニケ 

代わりにミロのヴィーナスの写真はいっぱいあった。
胸のアップとか。オレ、駄目だな~
渡航歴_フランス_パリ_21

女子が喜びそうなギャラリー・ラファイエット百貨店。クリスマスシーズンが綺麗らしい。

ステンドグラスのクーポール(円形天井)
渡航歴_フランス_パリ_25

こんなママゴト玩具ありますよね
渡航歴_フランス_パリ_26 

夕暮れのセーヌ河沿い
渡航歴_フランス_パリ_7

エッフェル塔に登ってパリが夜になるのを観賞
渡航歴_フランス_パリ_8 

夜になるとエッフェル塔からライトビームが放たれる(ブレブレだな~)
渡航歴_フランス_パリ_9 

点滅したりめっちゃ光ったりする
渡航歴_フランス_パリ_10 

夜はシャンゼリゼ通りをぶらぶらした
渡航歴_フランス_パリ_22 

ムーラン・ルージュ(意は「赤い風車」)でフレンチカンカンの入場料の高さに完敗した。(1,2万円はしたと思う)
渡航歴_フランス_パリ_23 

パリ郊外にあるディズニーランドに行った、一人で。
東京ディズニーランドみたいに我先にと急いで乗り物に並ぼうとする人がいなかったのが印象に残っている。
乗り物は東京ディズニーランドとほぼ同じだが、手を伸ばせば地面つくぐらいスレスレのところを通過するスペースマウンテンやスピード出しすぎじゃね?と思わせるビッグサンダーマウンテンなどリアルな恐怖を感じさせられた。
そういえばパリにはピータパンとティンカーベルと一緒にロンドンの夜を飛行するアトラクションがあった。

眠れる森の美女のお城。東京はシンデレラ城。
渡航歴_フランス_パリ_27 


ヴェルサイユ/Versailles
言わずと知れたヴェルサイユ宮殿がある都市。

パリから近いとはいえ1,2時間かかる。

一歩目から石畳。エレガント~
渡航歴_フランス_ヴェルサイユ_1 

金の門構え。エレガント~
渡航歴_フランス_ヴェルサイユ_2 

この奥に入口がある。石像、エレガント~
渡航歴_フランス_ヴェルサイユ_3 

すごく空いていて不思議に思い、入口に近づくと、なにやらオッサンが紙を指差している。
渡航歴_フランス_ヴェルサイユ_4 

ん?何、何?

THE MUSEUMES CLOSED BECAUSE OF A STRIKE

これが人生初のストライキでした。

時間が解決してくれるのではと思い1時間ほど待ったが、次々に来る海外からの観光客の“オーマイゴッド”を聞くだけに終わった。

10日後ぐらいにパリに戻ることがあったので、再びヴェルサイユを訪れた。
2回目のエレガントな石畳、金の門、石像。

分かっていた、入口に行くまでもなく分かっていた。

だって、前回と雰囲気が同じなんだもん。

案の定入口に行くとあの張り紙が。

エレガントゥォォォォーーーー


ヴェルサイユ宮殿には庭園が併設している。
これも世界遺産。

庭園は入場できるとのことでチケットを購入した。

庭園入口からの眺め。労力は宮殿よりもかかっている
渡航歴_フランス_ヴェルサイユ_5 

のんびり歩いていたら1日が終わるぐらいの広さ
渡航歴_フランス_ヴェルサイユ_6 

庭園には皇居や離宮のような建造物や村みたいなものがいくつもあった
渡航歴_フランス_ヴェルサイユ_9

山羊、牛、馬などが放牧されている
渡航歴_フランス_ヴェルサイユ_8 

ここまで来た時間と金の分を楽しむため全てのエリアを回った。

これからヴェルサイユに行く方に伝えたい。
庭園は少しだけ楽しむのがベスト。
そんなに景色変わらないよ、疲れるだけ。

世界1周では、リベンジしようと思っているが、ちょっと行くのが怖い。
次行ってストライキだったらトラウマになるかも。

ヴェルサイユ宮殿の内部
渡航歴_フランス_ヴェルサイユ宮殿 
引用

ストラスブール/Strasbourg
ドイツ語で「街道の街」の意。交通の要衝として栄えた都市。旧市街がグラン・ディルとして世界遺産登録されている。

カテドラル内のと時計仕掛けの人形が有名。
渡航歴_フランス_ストラスブール_5

カテドラルからの眺め。奥にみえるのがドイツの「黒い森」。
渡航歴_フランス_ストラスブール_4

プティ・フランス(意は小さいフランス)。この名前はドイツと隣接しているストラスブールの地が何度も国を変えたことが背景にある。
渡航歴_フランス_ストラスブール_3



リヨン/Lyon
美食の街と呼ばれるフランス第2の都市。
旧市街が世界遺産登録されている。

リヨン旧市街。美食なレストランがいっぱいあったが高いので断念した。
渡航歴_フランス_リヨン_7 

フルヴィエールの丘からの旧市街
渡航歴_フランス_リヨン_5

フルヴィエールの丘にあるノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ聖堂
渡航歴_フランス_リヨン_3 
渡航歴_フランス_リヨン_4 

ローマ劇場。ここでコンサートが開かれている。
渡航歴_フランス_リヨン_2

市庁舎前の広場。ここでファストフードのピザを食した。美食の街の思い出。
渡航歴_フランス_リヨン_8 


アヴィニョン/Avignon
14世紀初め、フランス国王フィリップ4世は、教会の権威を利用してヨーロッパでの主導権を握ろうと、時の教皇クレメンス5世をロ-マからアビニョンに移し、支配下においた「アビニョンの虜囚」時代の中心的都市。

高い城壁で囲まれている
渡航歴_フランス_アヴィニヨン_4 
渡航歴_フランス_アヴィニヨン_3 
渡航歴_フランス_アヴィニヨン_5

ノートルダム・デ・ドン大聖堂
渡航歴_フランス_アヴィニヨン_1

童謡『アヴィニョンの橋の上で』で知られるサン・ベネゼ橋。“橋の上で輪になって踊ろうと歌われているが、実際は、踊れるほど安全な橋ではない。渡ることさえ危険なときもあり、橋から転落し命を落とした者さえいる。”とのこと
渡航歴_フランス_アヴィニヨン_2 
 

マルセイユ/Marseille
元フランス代表ジネディーヌ・ジダンの出身地マルセイユ。
マルセイユ・ルーレットが生まれた土地を見たいというノリで来た町。

海に面する港町
渡航歴_フランス_マルセイユ_3 

ガイドブックでは治安はあまり良くないとのこと。イタリアのナポリみたいな雰囲気。
渡航歴_フランス_マルセイユ_2 

丘の上に教会が見えたのでそれを目指して坂を登る
渡航歴_フランス_マルセイユ_1  

丘の上にあるノートルダム・ド・ラ・ガルド(守護聖人)教会からの眺め。
マルセイユの海は今まで見た中で一番青かった。
渡航歴_フランス_マルセイユ_4 


カンヌ/Cannes
カンヌ映画祭が行われる都市。
3日後にカンヌ映画祭が始まるというのを耳にし、前夜祭的なイベントや前ノリしたスターに偶然あえるんではないかと思い、マルセイユに来たついでに寄ってみた。

会場前。
柵の中にはハリウッドのようにスターの手形がたくさんあったので、柵を乗り越えてやろうと思ったが、常時警備員が徘徊していたので諦めた。遠目から唯一確認できた手形はミッキーだけ。
渡航歴_フランス_カンヌ_1 

電車の出発まで時間があったので、会場近くのビーチで夕日をみていたら、これからパーティーに行くであろうスーツの男とドレスの女のグループに“カンヌ映画祭はまだやってないぞ。家に帰れ、バカ”みたいなことを言って罵られた。
ウンコを投げつけてやろうかと思った。

カンヌのビーチ
渡航歴_フランス_カンヌビーチ 
引用

結局、イベントは見つけられず、スターに会えずに終わった。


ランス/Reims
シャンパーニュ地方のシャンパン醸造の一大中心地。
町のあちこちに百年戦争で活躍したジャンヌ・ダルクの石像が建っている。

かつてフランス国王の聖別戴冠式が行われたノートルダム大聖堂
渡航歴_フランス_レンヌ_2 

タペストリーなど大聖堂や載冠式に関わりのある品々が展示されているトー宮殿
渡航歴_フランス_レンヌ_1 

帰りにポメリーのシャンパン酒造所でいっぱい飲んだ
渡航歴_フランス_レンヌ_7 

 

モン・サン・ミッシェル/Mont St-Michel
この旅の3つの目標のうちの1つ目、言わずと知れたモン・サン・ミッシェル(意は「聖ミカエルの山」)。
世界遺産の厳島神社がある広島県廿日市市とは姉妹都市。

バスから見えたこの初モン・サン・ミッシェルの姿は忘れられない。“本物だ~”ってやつ。
渡航歴_フランス_モンサン_1 

修道院として建てられたが、百年戦争では要塞としての役目も担っていた
渡航歴_フランス_モンサン_3 

グランド・リュ(大通り)では土産が売っている。江の島みたい。
渡航歴_フランス_モンサン_2 

内部には教会がある
渡航歴_フランス_モンサン_4 

干潮時にはモン・サン・ミッシェルの周りを歩くことができる
渡航歴_フランス_モンサン_5 

行きのバスで仲良くなった母と息子の日本人親子と食事をした。なんでも息子は建築の勉強をしにフランスに来ているとのこと。その話を母親から自慢げに延々と聞かされた。息子とは同じ年ぐらいだったので、息子の心境がよくわかる。食事を終え清算の際に全額支払ってもらった。マミ~大好き。


全体を通して、現時点のフランスの印象はこんな感じです。
・ エレガント
・ 古さを感じさせない歴史
・ フランス料理高い
・ シルブプレが言いにくい


~続く~

あとがき
中学生の時、フランス人みたいな顔立ちから「エドゥー」(元横浜フリューゲルス、伝説の40mフリーキッカー)というニックネームのクラスメイトがいた。

↓エドゥー
フランス_エドゥ 


・・
・・・

えっ!!
ブラジル人やん!!!


“世の中知らない方がいいこともある”   と思ふ今日この頃でございます

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| H2 渡航歴_2001~2013 | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chupatrip.blog.fc2.com/tb.php/23-7abf098b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT