PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界一周航空券~クラス、フライト・区間数、費用~

まえがき
今回の内容でございます。
  • クラス
  • フライト・区間数
  • 費用

ワンワールド・エクスプローラーを使って手配したワンワールド世界一周航空券のクラスとフライト・区間数、費用をご紹介したいと思います。(ご参考になりましたらこれ幸いでございます

クラス

アフリカ大陸を世界一周ルートに含めるには5大陸クラス以上の航空券を使用するのが一般的なのですが、前回にもご紹介したワンワールドを使った変わり種コース提案を参考にして4大陸クラスで航空券を手配しました。

ブログや旅人から聞くには、社会人経験者はエコノミーの倍額のビジネスを選択している方が多いように感じました。

確かに、たった倍額(40~50万円)で10回ほどビジネスで搭乗できると思えば格安かと。(通常5倍以上するかと思います)

ビジネスクラスのサービス(機内食、熟睡、ラウンジなど)に惹かれていたのですが、捨てチケットの便になるかもしれないし、なにより帰国後の保証がない身にとって40~50万円は高額に思えたので、ボクはエコノミーを選択しました。

世界一周航空券_1 

フライト・区間数

できればフライト数を増やしてマイルをたくさん加算したかったのですが、変則的なルートにしただけにフライト数よりも区間数が上限値(16区間)に達してしまいました。

正直自分で見ても、世界一周航空券としては勿体ない使い方をしていると思います。(参考にしてね、といっていてなんですが)

世界一周航空券_6

このフライトを考えた際の留意点はこんな感じです。

・ 中米は北米大陸エリアに含まれる
   中米は行きたかったので世界一周ルートに含めました。北米はスキップし、中米は陸路で移動するのでかなり勿体ない使い方をしていると思います。パナマから南米へのフライトを含めてもよかったかなと今になって思います。

・ 南米発から欧州行きはロンドンかマドリードの2択
   乗り換え便も1区間とカウントされるので、できるだけ直行便を選択するのがワンワールド世界一周航空券の賢い使い方。となると南米発欧州行きはロンドンかマドリードの2択になります。場合によっては直行便にも関わらず、乗り換え便になってしまうことがあります(特に長距離フライト)。南米からアフリカへの片道チケットも検索しましたが、8~10万円と結構な値段がしました。(探せば5万円ぐらいがあるみたいです)

・ 確実に席を確保できる訳ではない
   世界一周航空券のメリットの一つにシーズンに左右されずに席を予約できるというものがあります。ボクの場合も世界一周航空券の特権なのか、ハイシーズンの便でも空席があり便の選択肢がいくつもありました。ただ、ブラジルWカップは例外でした。ブラジルWカップ終了(07.13)後にリオ→ロンドンの便を予約したかったが、リオ発は10日間空席がない状態。諦めてお隣のサンパウロ発はどうかと検索したら6日間空席がない。となると欧州への直行便がでているアルゼンチンのブエノスアイレスまで移動するしかないの!?と悩み、2日後に再度、空席確認をするとWカップ終了翌日にサンパウロ発の便に空きができていました(リオ発は相変わらず空席なし)。 時間をおけば空席ができるかもしれないのですぐに諦めない方がいいかと。あと、ワンワールド・エクスプローラーで空席確認をし、決済画面の「実行」ボタンを押すと、エラーメッセージが表示され予約できないといった事象が起こりました。原因は空席なし。コールセンターに連絡して確認しました。レアケースだと思うのですが、シーズンによっては空席がない場合があるのでできれば早めに航空券を手配した方がいいと思います。ボクはワンワールド・エクスプローラーを初めて操作し、予約が完了するまで10日間ほどかかりました。

・ 欧州はLCCを利用した方がいいかも
   欧州はロンドンからスタート。ロンドンの次は、世界一周航空券を使ってフィンランドのヘルシンキに移動しようと思っていたのですが、このロンドン→ヘルシンキの区間をルートに含めると合計金額が3,4万円増えました。LCCの片道航空券を検索すると便数も多く、約1万円だったので、世界一周航空券は利用せずにLCCを個人手配することにしました。欧州のLCCは路線も価格も充実しています。そんなこともあって欧州内のフライトはプラハ→マドリードの1便だけにしました。

・ アンマンから香港、大阪までひとっ飛び
  欧州→アフリカ→中東→アジアのルートで世界一周航空券を使いきろうと思っているのですが、中東の周遊が始まるころに出発から1年経過している予定。世界一周航空券は1年期限なので、世界一周航空券を使いきって日本に帰国するか、帰国便のチケットを捨てて、中東、アジアの旅を継続するかはまだ決めていない。そのため中東から日本まで世界一周航空券のフライトは中東ヨルダンのアンマンから一気にアジアを越えて、香港、大阪の2便にして、捨てチケットになってもいいようにしました

ワンワールドグループ路線図をもとに作成した世界一周ルート図です。(赤矢印が世界一周航空券、黒矢印が陸路、LCC)

カンクンから陸路で中米を南下し、南米北部を周遊。ペルー、ボリビアはスキップし、イースター島に行ってからパラグアイでブラジルビザを取得し、ブラジルに入国。ブラジルWカップ終了後にロンドンへ。
世界一周航空券_7_1

イギリス周遊後にLCCでヘルシンキに行き、バルト三国、中欧を周遊し、トマト祭りに合わせてプラハからマドリードへひとっ飛び。その後、西欧を周遊し、ローマからアンマンへ移動し、アフリカ周遊をスタート。
世界一周航空券_7_2

アンマンからアフリカ大陸を南下するか、南アフリカまで飛んで北上するかは現地で決める
世界一周航空券_7_3

アフリカ周遊後、中東、アジアを周遊するか、一気に日本へ帰国するかは、その時のノリ
世界一周航空券_7_4


費用

4大陸エコノミークラスの基本料金(約37万円)に空港使用料、出国税などを含めて、合計金額は約47.5万円になりました。

一応、LCCを利用した場合の見積もりより安くなっていると思います。(個人手配だと、日本→メキシコとブラジル→イギリスの2便だけでも28~35万円、イースター島への往復は5~8万円、残り4便が2~5万円としたら、捨てチケットを考えても損はしない・・・と思う)

ただ、ブラジルWカップを世界一周ルートの軸にしなかったり、あと2,3ヵ月早く出発、若しくはあと1,2ヵ月出発を遅らせていたら(我慢できていたら)、世界一周航空券ではなくLCCと陸路だけの自由な旅をしたと思います。費用もその方が安いと思います。

あとがき
世界一周する多くの方が世界一周券LCCのどっちにするか悩むと思う。

安心感(次どこに行こうか迷わない、片道航空券での入国対応をしなくてもよい、等)旅行中の手間が少ない(その都度、格安航空券を検索する、等)世界一周航空券

自由(1年以上の旅、思いつきのルート変更、等)安価(数か月前もって予約したり、キャンペーン予約を利用すれば電車やバスより安く移動できる、等)LCC

どちらにするかは、その人の旅のスタイルに合っているかどうかに限るんじゃないかと思う。

世界一周航空券、LCC、互いのメリットはデメリットになる。

互いのメリットだけで世界一周できたら素敵なことだ。

その素敵を実現させるために、1年以上の旅は「捨てチケット」で、安価は「長距離フライトとLCCが少ない路線」を意識して世界一周航空券の手配した。

一石二鳥ってやつ。

そして出発日を待つ状態になり、改めて手配した世界一周航空券のルートを見直したり、こうしてブログで世界一周航空券について書いていて、ふと頭を過る言葉がある。

二兎を追う者は一兎をも得ずってやつ。

“アハハハッ、とりあえず笑とこか(笑う門には福来たる)”   と思ふ今日この頃でございます

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| 世界一周航空券 | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chupatrip.blog.fc2.com/tb.php/217-c59c67e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT