PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【渡航歴】インドネシア・インド

まえがき
今回の内容でございます。
  • 2004.03 インドネシア(バリ島)旅行記
  • 2004.04 インド旅行記


flag_flag_of_Indonesia_1.png  インドネシア(バリ島)/Indonesia(Bali)

2004年03月のお話。

のんびりするためインドネシアバリ島に行った。

世界地図(赤色箇所が訪問した国)
世界地図_インドネシア

訪問都市の自己評価(凡例はココ   
渡航歴_インドネシア 
渡航歴_インドネシア_1  

現時点で興味がある都市、観光スポット、世界遺産を挙げてみました。
オススメがあれば教えてくださ~い

渡航歴_インドネシア_2 


デンパサール/Depasar
デンパサールはバリ島の中心地。グルメ、ショッピング、エステ、アクティビティが楽しめる。

サーフィン初体験。クタエリアは人気のサーフポイント。
バリ_IMG_0002

ウブド/Ubud
自然、遺跡に囲まれたバリ芸術の町。
夜には町のいたるところでディナーショーがやっている。

ケチャダンス
バリ島古来の太陽崇拝と海から魔物が陸に上がってこないように祈る儀式を、ウォルター・シュピースなどの外国人芸術家の助言により発展させ、創作されたバリ舞踊。さらにラーマヤナの物語も取り入れらた舞踊劇となっています。数十名の半裸の男性が円陣を作り、「チャ、チャ、チャ」と声を発します。その独特のリズムに合わせて、円陣の中央で物語が進行していきます。
バリ_IMG 
レゴンダンス
。宮廷舞踊。
バリ_IMG_0001 
バロンダンスに出てくるバロンとガルーダの木彫りのお面をキャリーケースの2/3を占めるほどの大きさにもかかわらず衝動買いした。10年ほど経っているけど劣化していない。今でも気に入っている。

バロンとガルーダ
バロン ガルーダ 


アメッド/Amed
現地のコンダクターに勧められた朝日の名所。
観光客が全くいなかった。

早朝にコールされ、肩幅ぐらいの小さな木製の船に乗り、ジジイが手漕ぎして沖に向かった。
このとき真っ暗な海の上。
ジジイに声をかけても反応なく、ひたすら漕ぎ続ける。

数十分後、朝日が出てきて海面を明るくした。

バリ_IMG_0004

綺麗。
なんだけど、そんなに沖に行かなくてもよかったんじゃね?とはジジイには言えなかった。
 

レンボガン島/Lembogan
透き通る海を見にバリ島から近いレンボガン島に行った。
(少しだけ遠いロンボク島の方が綺麗とのこと)

ダイビングスポットまで船で行き、シュノーケリングして楽しんだ。

コテージ前でも十分綺麗。
バリ_IMG_0005

水中の様子。
バリ_IMG_0003

今では防水、水中カメラは簡単に手に入るが、当時は高価だったので安価な水中フィルムカメラで撮影した。
当時は撮った写真をみて、すげーって思っていた。

引っ越しの時に出てきた水中フィルムカメラ。即捨てた。
DSC01097.jpg


キンタマニ/Kintamani
コンダクターに勧められて行った棚田や湖がある山岳地帯。
このエリアは珈琲が名産らしく土産に珈琲豆を購入した。
土産を渡す時に商品名を見て“何なんコレ?”とツッコまれた。


全体を通して、現時点のバリ島の印象はこんな感じです。
・ 物価が安いリゾート
・ 学生カップルにオススメ
世界一周ではインドネシア本島に行こうと思います。



flag_flag_of_India_1.png  インド/India

2004年04月のお話。

前情報から、好きになる人はとことん好きになり、嫌いになる人は2度と行きたくないと聞いていたディープなインドに行った。

世界地図(赤色箇所が訪問した国)
世界地図_インド

訪問都市の自己評価(凡例はココ)   
渡航歴_インド  

現時点で興味がある都市、観光スポット、世界遺産を挙げてみました。
オススメがあれば教えてくださ~い
渡航歴_インド_2


ニューデリー/New Delhi
航空券だけ手配してホテルや観光ルートなどは現地で決めることにしていた。
(当時は現地で手配した方が日本で手配するよりも何倍も安くできた)

海外トラブル ~File.01 インド人よりビックリ ~
---------------------------------------------------------------
電車の時刻表を確認するためニューデリー駅に行く途中、駅前の呼び込みの兄ちゃんに誘われ、小綺麗な店内だったので安心して旅行代理店のオフィスに入った。

約1週間の観光コースと車のチャーター、ホテル、寝台列車の手配などここで決め、前金で約10万円を支払った。

現地で自分で手配することを考えるとこの価格は数倍高いが、段取りや手続きをやってもらうことで時間をお金で買ったと考えあまり気にしていなかった。
オフィスを出て「地球の歩き方」を見ながらデリー市内観光をしているたとき、とんでもない記事が目に飛び込んできた。

ニューデリー駅前の旅行代理店は詐欺が多いので注意しよう

やってもうたー
オーマイゴッド 

返金も考えたが、手配したホテルや寝台列車のチケットと領収書を手渡しで受け取ることになっていたので、それ次第でどうするか考えるようにした。

結果は、チケットと領収書を受け取り予定通りに観光コースを回ることができた。

が、

最終日に空港までの送迎の途中、急に路地裏で止まり、数人の大男が車に乗り込んできて追加料金を請求された

助けて~
オーマイゴッド  

これから日本に帰るだけということを利用して頑なに金がないことをアピールし、ダミー財布から1ドルを渡したら笑われて解放された。銃や刃物を出されたり、トランクのキャリーケースの中身を物色されたらヤバかった。

(教訓)
・ 呼び込みする人や店は疑い続けろ
・ ダミー財布は必須
・ トランクに荷物を入れるのは避ける


これ以降、海外で正規タクシーに乗っても、近道で路地裏を走るとビビってしまう。

こんな恐怖体験を抜きにしても、インドでは何をしても金、金、金ばかり行ってくるし、どこ行ってもウンコ、ウンコ、ウンコばかり。

帰国直後、2度とインドには行かないと思った。

とはいえ、観光は楽しめた。

↓コブラは笛の音に反応しているのではなく、笛の動きに反応しているんですよ。
インド_IMG_0006

夜に大通りから1本中に入るだけで真っ暗だった。首都なのに。
インド_IMG_0003

ジャイプル/Jaipur
ピンクシティと呼ばれる都市。
ジャイプル郊外にあるアンベール城がよかった。

城内の装飾
インド_IMG_0001

象に乗って麓から城まで登れる
インド_IMG_0005


アグラ/Agra

タージ・マハルがある都市。

入場料金はインド人が25円、外国人は1250円。
インド_IMG_0004

間近で見ると意外にカラフル。グリーンとオレンジの石で装飾されている。
インド_IMG  

タージ・マハルと同じ材料と装飾の小物入れを買った。
“まけてくれや”ばっかり言ってたら“中国人みたい”って言われた。


ベナレス/Varanasi
ガンジス川がある都市。
死体とか流れてたり、不衛生っぽかったので泳いでいない。
今だったら泳ぐかも。

インド_IMG_0002   


サールナート/Sarnath
ブッダ初転法輪の地。
チャーターしたホテル指定リキシャの運転手の勧めで行った。
この運転手は同世代ということもありすぐに仲良くなった。
夢はタクシードライバーと言っていた。
夢が叶っていてほしいと願う。

コイツとは3日ほど一緒にいて、別れ際に赤色のインド式ミサンガをくれた。
わざわざ寺院で願掛けしてくれたとのこと。
インドで金、金、金と言わなかったのはコイツだけ。
(ボクの特技、名前を覚えられないこと)


全体を通して、現時点のインドの印象はこんな感じです。
・ 金、金、金ばっかり言ってくる
・ 観光客を金としかみていない
・ ウンコ山ほど落ちている
・ 不衛生

2度と行かないと思っていたインドだが、こうやって振り返ると悪い印象を持っている原因の1つが自分の不注意だと分かる。
あれから約10年、経済大国になったインド。どう変わっているか興味があるし、世界遺産もいっぱいあるので世界一周では訪れようと思う。

あとがき
“「ストリートファイターⅡのインド代表ダルシム」と「ワンピースのルフィ」はちょっとの差なのにダムシムは人気がないな~。動きが遅く、ジャンプするとボコボコにされるからかな?”   と思ふ今日この頃でございます

ダルシム
ダルシム 

たかみなは期待を裏切らない。「たかみな海賊団出航!」って。
たかみな 


最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| H2 渡航歴_2001~2013 | 10:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chupatrip.blog.fc2.com/tb.php/20-dbdf97ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT