PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ミャンマー】食べてばかりのマンダレー

世界一周 42日目 国旗_ミャンマー マンダレー@ミャンマー のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • マンダレー観光
  • マンダレー→バンコクへの移動

マンダレーには5:00AMに到着する予定だったのに3:00AMに到着した。(遅れて到着するのも困るけど、早朝に早く到着するのも困るんだよな~)

こんなに早く到着するとは予想だにしていなかったので、思いっきり不意をつかれた目覚めになった。

なんとか片目を開け、体も脳もほとんど寝ている状態でパスを降りる準備をした。

前方にバガンから同行しているジュンコちゃんの席があり、後姿を見ると降りる素振りをする様子がなかったので、横を通り過ぎる際に「マンダレー着いたよ」と声をかけた。



(あれ?ジュンコちゃんってこんな顔やったけ?)

(席は間違ってないと思うし、オレ、寝ぼけてんのかな?)

(まぁ女性は化けるっていうしね、気にしない気にしない)

バスを降りてしばらくするとジュンコちゃんの他にもう1人日本人女性が降りてきた。

その日本人女性とジュンコちゃんは仲良さげに話しているので事情を聞いてみると、偶然にも席がジュンコちゃんの隣だったらしい。

この日本人女性は世界一周中のミゾちゃん。(ブログタイトル:ミゾヨコの世界一周ラン日記

真っ暗で寒~いバスターミナルでの奇妙な出会いとなった。(ちなみにジュンコちゃんとミゾちゃんの顔は似ていません、女性はそこまで化けないみたいです)

何かの縁ということでマンダレーで同行することになった。

とりあえずバスターミナルから市街地へ移動。(マンダレーのバスターミナルからの移動はタクシーを使用するのが一般的みたいです)

同じ境遇の外国人観光客を誘いタクシーをシェアした
42日目_マンダレー082_R42日目_マンダレー083_R

行き先はジュンコちゃんが予約していたホテルで、ついでミゾちゃんとボクもここで泊ることにした。

Garden Hotel ツイン20USD
42日目_マンダレー020_R
宿についての詳細はコチラ

マンダレーの観光スポットは旧王宮(入域料10USD)とマンダレーヒルぐらいで自転車だと1日で十分かと。

当初、ミャンマー旅行の中でもマンダレーは出国の空港があるから来たものの、観光する気はなく、体を休めつつダラダラ過ごす予定だった。

そんな中、ジュンコちゃんとミゾちゃんと出会ったおかげでマンダレーで楽しい時間を過ごすことができた。

街の割に旧王宮がデカイ。マンダレーヒルもそんなに。マジで1人だったら何の思い出も残らなかった気がする。
マンダレー観光MAP



宿で仮眠をして、8時頃に朝食を食べにマンダレーの街をウロウロした。

ヤンゴンやバゴー、バガンと違い道は整備されていて広くゴチャゴチャしていない
42日目_マンダレー001_R

遠目から見ると生首が浮いているように見えた。2人を見ても平然としていたので、ボクにしか見えていない「見えてはいけない物」を見てしまったと近くで見るまでドキドキしていた。
42日目_マンダレー000_R

現地人で賑わっているカレー屋で朝食
42日目_マンダレー005_R42日目_マンダレー002_R

カレーもそうだが現地人も良い味を出していた。この人達もそうだったがミャンマーの中でもマンダレーの人が最も外国人観光客(日本人)に興味を持ち、親切にしてくれた気がする。
42日目_マンダレー003_R

ナンではなく(たしか)パンケーキ

42日目_マンダレー006_R

寒い中で飲む温かいチャイが美味しかった
42日目_マンダレー007_R

続けて2件目。

賑わっている店を見るとまたまたカレー屋
42日目_マンダレー011_R42日目_マンダレー010_R
42日目_マンダレー008_R42日目_マンダレー012_R

小さいナンみたいなヤツとクレープみたいなヤツ。同じカレーでも生地もルー?も別物で楽しめた
42日目_マンダレー013_R
42日目_マンダレー014_R

満腹になり宿に戻る途中、ルアンパバーン以来(詳しくはコチラの托鉢を目にした。

42日目_マンダレー018_R

マンダレーの托鉢の行列は長い。折り返し地点でも先頭が見えない。
42日目_マンダレー015_R

よく見ると背の順。なんかカワイイ。
42日目_マンダレー017_R

ルアンパバーンの托鉢に比べ、お供えする側の人数よりも僧侶の数が多いのですぐに食べ物がなくなり現金を渡していた。1つ1つは小額だが何十人分で、それが毎日ともなると日本の物価でも結構な額になる。ミャンマー人は裕福?僧侶リスペクト的なやつ?
42日目_マンダレー019_R



宿でレンタルサイクルを借りて、マンダレー観光をすることに。

ミゾちゃんの借りた自転車のサドルのネジが代替品らしく、いくらネジを回してもサドルが固定しなかったので宿のスタッフに見てもらった。

結構待った。

他にも自転車はあったのに頑なにネジを回して修理しようとする。

なんだなんだ?とたくさんの大人が集まって来てサドルに群がる。

なんか面白かった。

いくらネジを回してもグリングリンとサドルが回る。頑張るスタッフ君。
42日目_マンダレー021_R42日目_マンダレー022_R

横にいたオッチャンをみるとロンジー(腰巻)を半ズボンにしてニコニコしていた。オッサンの太股は全然嬉しくないから早く隠しておくれ。
42日目_マンダレー023_R

サドルも固定され、ようやくマンダレー観光を始めた。

さっそく昼飯。(なんか食ってばかりのような気がする)

マン・ミョー・トー(地球の歩き方に記載) 賑わっていたので期待したが美味しくはなかった。
42日目_マンダレー025_R42日目_マンダレー027_R
名物のパオシー(肉まん)。チキン、ポーク、ココナッツ、ジャクリー(ヤシの樹液を煮詰めたもの)全てが微妙だった。
42日目_マンダレー026_R


気を取り直して、マンダレー旧王宮の周りをサイクリング。

マンダレー旧王宮
ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーにある旧王宮で、ミャンマー最後の王朝、コンバウン朝の王宮。この王宮は3km四方が幅70mの濠と高さ8mの城壁に囲まれ、東西南北計4本の橋で街と結ばれている。内部には王宮博物館もある。アマラプラからマンダレーに遷都(せんと)したミンドン王が1857年から建設を開始し、4年の歳月を経て完成した。1885年、ビルマを占領したイギリス軍は王宮を軍の施設として接収。1942年、ミャンマーに進出した日本軍に占領されたが、1945年3月、この王宮は日本軍と英印連合軍との戦闘に巻き込まれ焼失した。戦後再建され、現在はミャンマー軍の施設として軍の就任式などに使用されている。王宮の一部が一般に開放されている。

めちゃめちゃ広い。北京の故宮ぐらいデカいんちゃうかな。
42日目_マンダレー029_R42日目_マンダレー031_R

旧王宮に入るには入域料10USDを支払う必要があります。

先を行く外国人観光客がゲートで入域料を徴収されるか遠目で観察。(やっぱり徴収されるのかー残念)
42日目_マンダレー030_R

遠くに見える山がマンダレーヒル
42日目_マンダレー032_R

結局、マンダレー旧王宮の中には入らなかった。

ちなみにこんな感じみたいです
マンダレー旧王宮_1マンダレー旧王宮_2
引用

マンダレーヒルで夕日を観るにはまだ早かったので、ブラブラと散策した。

アトゥマシー僧院とその隣にあるシュエナンドー僧院は有料だったのでスルー
42日目_マンダレー033_R
42日目_マンダレー034_R42日目_マンダレー035_R

ちなにみこんな感じみたいです。

アトゥマシー僧院
だだっ広いお堂の中はカラッポ。建物自体は立派である。
アトゥマシー僧院_1

シュエナンドー僧院
ミャンマーでも数少ない貴重な木造の僧院。建物自体が見事な芸術品である。

シュエナンドー僧院_2シュエナンドー僧院_1
引用

地図をみるとパルニ大学という大学があったので、学食を食べに(それとミャンマー女子大生と交流しに)行った。

立派な大学の正門
42日目_マンダレー036_R

学食らしきところを発見
42日目_マンダレー037_R

でも誰もいない。楽しみしてたのに残念。
42日目_マンダレー038_R

大学の割には人が少ない。不思議に思い辺りをキョロキョロしていると袈裟を来た僧侶がいた。なんでこんなに人が少ないかと聞いてみたら、満月の日は休みになるそうです。仏教ならではなんですかね。
42日目_マンダレー039_R

ミゾちゃんは楽しそうに僧侶の男子学生と談笑。

「笑顔は大切」と常日頃意識しているボクが作り笑いをしてしまった(この時は女子学生以外に興味がでなかった)
42日目_マンダレー040_R

学食も食べれず、ミャンマー女子大生も見れずじまいで大学を後にしようとした直後、自転車に乗ったミャンマー女子大生の集団とすれちがった。(坊主じゃなく洋服を着た今どきの女の子だった)

ミゾちゃんに「ねぇ見た?今の女子大生でしょ?可愛かったよね?ねぇ?」と聞いたら、さっきのボクと同じぐらいの作り笑いで微笑んでくれた・・・。


クトドーパゴダ
小さな白いパゴダがずらりと並ぶ、周りの729個の平石には仏教典がとぎれなく彫られている。この石の教典は”世界で一番大きな本”として知られている。

42日目_マンダレー041_R42日目_マンダレー044_R

42日目_マンダレー042_R

42日目_マンダレー043_R

42日目_マンダレー045_R

42日目_マンダレー046_R

マンダレーヒル
ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーの旧王宮(マンダレー王宮)北東に位置する丘。丘全体が寺院の領域で占められているマンダレーの聖地で、高さ230mの丘の頂上は広いテラスになっており、中央の塔には仏像が安置されている。この丘で最も有名な仏像が、チーク材の巨木を彫って全体を金箔で覆った、高さ8mの「予言を与え給う仏陀」像である。山頂のテラスからは、マンダレーの市街や旧王宮が一望できる。◇マンダレーヒルから眺める美しい夕景は、多くの観光客から絶賛されている。

入口
42日目_マンダレー047_R 

42日目_マンダレー048_R

遠くを指さしたり、笑わそうとしている顔のシュールな仏像がある。これまで見たミャンマーの仏像は全部真面目だったので以外だった。観光地だからかな?
42日目_マンダレー049_R42日目_マンダレー050_R

泣いている子供がいたのでミゾちゃんがアメをあげた。それにしてもこの子供アメを舐めても全然笑わんかったな。
42日目_マンダレー051_R42日目_マンダレー052_R

他に登っている人がおらずどこが頂上かよくわからないまま登り続ける。結局ガイドブックにも載っている通りに45分で到着した。
42日目_マンダレー053_R42日目_マンダレー054_R

頂上には仏塔やモンスターなどがいる
42日目_マンダレー055_R42日目_マンダレー056_R
モンスターの後にちっちゃいモンスターがたくさんいた。なんなんこれ?
42日目_マンダレー057_R

登頂して間もなくして日が暮れてきた
42日目_マンダレー060_R

柱の間に夕日が差し込む
42日目_マンダレー061_R

夕日が当ってより金ピカに光る
42日目_マンダレー059_R

日が落ち始めた頃、近くにいた外国人観光客にミゾちゃんとの記念写真をお願いした
42日目_マンダレー062_R

この観光客はカメラを使い慣れていないせいかやっとのことで撮った一枚
42日目_マンダレー063_R


この直後、ミゾちゃんは夕日が落ちてしまうと急いでカメラを構え、日が落ちるまで撮影していた
42日目_マンダレー064_R

正直マンダレーヒルの景色はそんなによくなかった。

夕日は綺麗だったが昨日のバガンの夕日を見ていたこともあってそんなに夢中にならなかった。

写真も数枚だけ撮って、残りの時間はミゾちゃんの後の方で遠くから眺めていた。

そんなボクの姿がミゾちゃんには、急いでカメラを構えるミゾちゃんを冷めた目でみているように見えたらしい。

まさかそんな風に思われているとは思ってもいなかったので、このことを聞いたその日の夜、爆笑した。


ある意味思い出に残る夕日になった
42日目_マンダレー065_R

一旦宿に戻り、晩飯を食べに出かけた。

街灯がないので暗く、車のヘッドライトが眩しい
42日目_マンダレー066_R

ラー・ショーレイ (地球の歩き方に記載あり)シャン料理のお店。
42日目_マンダレー067_R42日目_マンダレー068_R
4品を注文。シェア飯をして1人200円ぐらい。今回のミャンマー旅行で一番美味しかったかも。
42日目_マンダレー069_R
シェア飯が好き。たくさんの料理を少しずつ食べたい。一品だけ注文してそれが不味かったらすごくへこむ。
42日目_マンダレー071_R

2件目は、大衆居酒屋みたいなところ
42日目_マンダレー076_R42日目_マンダレー075_R
ミャンマーの生ビール60円ぐらい。つまみも1皿50円ぐらい。毎晩こんなんやったらいいなと思った。
42日目_マンダレー073_R
何をしゃべたか全然覚えていない。というかここで夕日の時の話を聞いたのかな?とにかく楽しい時間を過ごした。
42日目_マンダレー074_R

宿に戻る途中、バナナクレープを買って皆で部屋で食べた。修学旅行みたいだった。
42日目_マンダレー078_R42日目_マンダレー077_R
42日目_マンダレー080_R

そしていつの間にか寝ていた

あとがき
“なんかマンダレーでは食ってばっかりやな。そういえば「御飯食べに行こう」っていつも女子達が言っていた気がする。あんな小さい体のどこに入るんやろか?不思議なんだなぁ”   と思ふ今日この頃でございます

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| ミャンマー | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chupatrip.blog.fc2.com/tb.php/162-cb56c5d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT