PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ミャンマー】バガン遺跡

世界一周 40日目 国旗_ミャンマー バガン@ミャンマー のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • バガン観光 1日目
  • シュエサンドー・パヤーの夕日

バガンを観光した
41日目_バガン063_R

バガン
バガンは11世紀から13世紀の間に栄えたミャンマー最初の王朝。1044年にミャンマー最初の王様アノーヤター王がバラバラになっていた勢力を集めて統一し、王朝をバガンに築きました。統一王朝が築かれた同時にもう1つミャンマーに入ってきたのは仏教です。当時、ミャンマー南部のタトンと言う町からシンアラハンと言う僧侶がパガンに来てアノーヤター王に仏教を教えました。アノーヤター王は僧侶の教えを信じでバガンに仏教の教えを広げました。そのときからバガンの人々が仏教を深く信仰するようになり、仏教が長く繁栄するため、王様や人々はパゴダ や寺院を作りました。イラワジ川左岸の40平方キロメートルの広大な土地に5000以上のパゴダと寺院が散在していたと言われていますが現在、2000以上の遺跡が残っています。カンボジアのアンコールワット、インドネシアのポロブドールと共に世界三大仏教遺跡と呼ばれています。

世界遺産MAP_バガン遺跡

バガンは北東のバスターミナルや安宿などがあるニャゥンウーと西のオールドバガンと南西のニューバガンの3つのエリアに分けられます。
バガン観光MAP

バガンは1泊2日で観光した。

遺跡が好きであれば3,4日でもいいと思います。

遺跡にあまり興味がないのであれば(全部同じ石に見えたりする)、半日でオールドバガンの定番スポットだけを観るのでもいいと思います。

バガンは期待通りにすごく素敵な場所でした、オススメです!!

時間があれば郊外の観光地にも足を伸ばしたかったです。

郊外にある天空の寺院ポッパ
ポッパ山_1
引用


1日目


予定よりも3時間早くバガンに到着した。

4:00AM  バスターミナルではなく宿周辺に降ろされた。西部劇の決闘するところみたい。
40日目_バガン000_R

地図を見ても、周りを見渡しても目印らしきものがない。(早速迷子になった)

人に聞くにも早朝なのでジッチャン、バッチャンしかいない。(英語が通じぬぁい)

とりあえず事前に調べていた宿を目指した。(目指したというか感でウロウロした)

20分ほどして宿に到着。

早朝だったせいかチェックインまで仏壇ルームで横になっといてくれと言われた。(チェンマイの時もそうだったが仏壇ルームに縁がある)

夜が明けチェックインを済ませた。

Pyinsa Rupa Guest House (シングル バス・トイレ共同 10USD)
40日目_バガン002_R
宿についての詳細はコチラ

この宿には「藤井フミヤ」がいると世界一周ブログに紹介されていた。(本人の画像は後で登場します)

早速、朝からバガン観光を開始。

レンタルサイクルで遺跡巡り。他にも電動自転車、馬車などがあります。
41日目_バガン057_R

主要道路は舗装されていますが、車もビュンビュン飛ばしてくるので怖いです
40日目_バガン121_R40日目_バガン122_R

主要道路をオールドバガン方面に向かっていくと遺跡が現れてきます
40日目_バガン123_R40日目_バガン124_R

ミャンマーの寺院や仏塔のほとんどは靴と靴下を脱がないと入れません。なのでサンダルやビーサンで行くことをお奨めします。

毎度、靴と靴下を脱ぐのが面倒臭いです
(足裏も靴下もめっちゃ汚れます)


ブーパヤパゴダ

エーヤワディ川を見下ろすように立つ小さな仏塔。川の夕景を楽しむ人気スポットとしても知られています。この仏塔は8世紀頃に建立されたと伝えられていますが、35年前の大地震で瓦解してしまい、現在のものはその後に再建されたものです。

オールドバガンの突き当りを目指したらここに着いた
40日目_バガン003_R

風と日差しが心地良い
40日目_バガン004_R

対岸は何もない
40日目_バガン005_R


マハーボディ寺院
マハーボディ寺院は、インドにあるブッダガヤ(Bodhgaya, Bihar State)にある寺院をモデルにして建てられた寺院です。 塔には小さな仏像がたくさん彫られています。

41日目_バガン030_R

41日目_バガン083_R41日目_バガン084_R


ゴドーパリィン寺院
ゴドーパリィン寺院は、スラマニ寺院を建てた、ナラパティシートゥ(Narapatisithu)王が1174~1211年にかけてたてた寺院です。建設途中で王が亡くなったため、息子のティーローミィンロー(Htilominlo)王が引継ぎ、建設されました 塔の高さは焼く55mあり、バガンで2番目に高い寺院です。

人気の寺院や仏塔に行くとワラワラと物売りが近づいてくる。でもミャンマーの物売りってしつこくないんですよね。きっぱり「いらんっ」っていえば引きさがるんよね。
40日目_バガン008_R

城みたい。上には登れない。
40日目_バガン012_R

40日目_バガン014_R

中には仏像がたくさんある
40日目_バガン009_R40日目_バガン011_R

40日目_バガン010_R


シュエグーヂー寺院
シュエグーヂー寺院は1131年にアラントゥ王によって建てられました。当時の木製扉は現在でもそのままで使用されています。 「シュエグーチー」という名前は「黄金洞窟」を意味しています。内部の壁画の中に石版があるのですが、建立に7ヵ月半を費やしたといわれています。

この辺りから舗装されていない砂道になってくる。車が横を通ると砂まみれになる。
40日目_バガン015_R

40日目_バガン016_R

入口前にたくさんの絵を広げている客引きがいる。結構、良い感じの絵で安かったので買ってもよかったかも。
40日目_バガン017_R

40日目_バガン018_R40日目_バガン019_R

はじめこの景色に興奮した(この後もっと興奮する景色がでてくることはこの時まだ知らない)
40日目_バガン020_R

40日目_バガン023_R

午前中ということもあって観光客はあまりおらず、鳥のさえずりを聞きながら眺めていた
40日目_バガン125_R


タビィニュ寺院
タビィニュ寺院は、1144年に4代目のアラウンシートゥー(Alaungsithu)王により建てられました。高さは約61mありバガンで最も高いパゴダです。2階建ての造りで2階には、大きな仏像が納められています。 また、このパゴダの名前にもある「Thatbyinnyu」とは「全知者」という意味だそうです。

40日目_バガン026_R

デカイです。でも上には登れません。
40日目_バガン027_R

40日目_バガン028_R

40日目_バガン029_R40日目_バガン030_R

40日目_バガン031_R


アーナンダ寺院
バガン遺跡の中でも最大級の大きさを誇るパゴダです。本堂の一辺が53mの正方形でできており、4つの入り口があります。塔の先端部分は金色で塗られていますが、外壁は白色に塗られています。 非常にバランスの取れた見事な姿をしたパゴダです。

11:00AM  だんだん日差しが強くなり肌が焼ける感じがしてきました
40日目_バガン032_R

地球の歩き方には「アーナンダ寺院に行かずしてバガン行ったとか言うべからず」とか記載されています
40日目_バガン033_R

寺院までは露店が建ち並ぶ
40日目_バガン034_R

壁に無数の祠とその中に仏像があります
40日目_バガン037_R

40日目_バガン036_R40日目_バガン038_R

東西南北にデカイ仏像が4体います
40日目_バガン035_R

中はヒンヤリしています
40日目_バガン039_R

40日目_バガン040_R

40日目_バガン043_R

バガンで最も美しいといわれているシッダールダ王子生誕の黄金のレリーフ
40日目_バガン042_R


アーナンダ寺院の近くの大衆食堂で昼飯を食べた。


ミャンマーカレー(ポーク) 1,500K≒160円 
40日目_バガン049_R40日目_バガン048_R
カレー(左手前)以外に小皿(スープ、野菜、ディップみたいなの)が付いてくる。ディップちょー塩辛い。
40日目_バガン047_R

予定よりも時間に余裕ができたので、ガイドブックを見ずにテキトーにチャリンコでブラブラした。

バガンにはガイドブックに載っていない寺院、仏塔が山ほど存在する
40日目_バガン050_R

ガイドブックに載っていない寺院には観光客がほとんどいなかった
40日目_バガン051_R

40日目_バガン052_R


40日目_バガン053_R

道なき道をを進む
40日目_バガン054_R

木陰で休憩
40日目_バガン055_R

40日目_バガン056_R

40日目_バガン057_R

40日目_バガン058_R

40日目_バガン059_R

ブラブラしてたら夕日の名所のシュエサンドー・パヤーに着いた。

ここの眺めを気に入ってしまい、日中、夕日、朝日の3回訪れた。
(夕日、朝日はアホみたいに人が大勢いるので、のんびりするのであれば日中(午前中が空気が澄んでいて、涼しいと思います)が良いと思います)

シュエサンドー・パヤー
シュエサンドー寺院は1057年に、Anawrahtaによって建てられました。この寺院にはお釈迦様の整髪が安置してあるとも言われています。シュエサンドーは5つの階からなって登ることができます。観光客には、ここのテラスから眺める夕日が非常に綺麗だとして、人気のスポットとなっています。

階段ちょー急です。結構しんどいです。
40日目_バガン060_R

通路はそんなに広くないです
40日目_バガン061_R

結構高いです。調子にのると死にます。
40日目_バガン062_R

ここの眺めが最高だった。
40日目_バガン063_R

日本から持ってきたお絵かきセットをバンコクに置いてきたことを後悔した。
40日目_バガン065_R

興奮しました。我を忘れて「ダブルピース」という寒いポーズをしてしまいました。多分2度としないと思います。
40日目_バガン064_R

日中の動画です、この後、夕日、朝日の動画もあります。



ダマヤンヂー寺院
ダマヤンジー寺院は、非常に形のいいパゴダとして有名です。その形の良さゆえに観光客にも人気のある寺院です。ピラミッドのような形をしており、内部は迷路のような造りとなっています。 1165年にナラトゥ(Narathu)王によって建立されました。王の次男であるナラトゥは、自分が王になるために父王と兄の皇太子を暗殺しました。   ナラトゥ王は自分の罪を後悔し、罪滅ぼしのためにそれまでで最大の寺院を1165年に建て始めました。 しかし、寺院が出来上がる前に王は暗殺され未完成のままとなっています。それ故、この寺院は幽霊パゴダとしても有名なのです。

これまでの寺院と違ってオールドバガンから少し離れたところにあります。デカイので存在感があります。
40日目_バガン066_R

40日目_バガン081_R

40日目_バガン076_R

  40日目_バガン069_R

40日目_バガン068_R

マジで幽霊が出そうです。そして臭いです。(コウモリ、ネズミがいるそうです)
40日目_バガン077_R

40日目_バガン078_R

40日目_バガン079_R

タナカを体験した。この娘と塗り合いっこした。日本だと変態になるのでしょうか?ミャンマーはいい国です。
40日目_バガン070_R40日目_バガン073_R

タナカとは
ミャンマーにくると、誰もが必ずといってよいほど、女性や子供が頬に黄色っぽいファンデーションのようなものを塗っている姿を見かける。これは、タナカと呼ばれる、昔からミャンマー人がよく塗っている、ミャンマーの伝統的なおしゃれの一つである。タナカとは、タナカの木をすりつぶして粉にしたものであり、肌色~黄色の粉は、日差しから肌を守り、肌を白く見せてくれる。木の質によって色も異なり、黄色のものがより良質といわれている。タナカの塗り方は、丸くて平たい面を少し粗い石でタナカをすりおろして、それを顔や首、腕に塗る。ある女性はほほに四角、丸い形に限らず、様々な形を作って化粧するのも見られる。

顔に塗ってしばらくするとパリパリに乾いてくる。しかし触るとさらさらとしていて、日本のベビーパウダーのような触り心地である。
タナカの効果としては、
①皮膚の病気を治してくれる
②香りがとてもいい
体の熱をとってくれる
④毛穴を引き締めて吹き出物を防ぐ
日焼け止め
⑥オイリー肌を防ぐ

シャコシャコとタナカをすりつぶします
40日目_バガン071_R

いっぱい塗ってもらいました。サングラスも塗ったらウケました。まさかのこの日2回目のダブルピースをしてしまいました。これは反省です。
40日目_バガン074_R

石鹸のような製品化されたタナカもあります。1,000K≒100円。これお土産にいいと思います。
40日目_バガン087_R

なんだかんだしてたら日が暮れてきたので夕日の名所のシュエサンドー・パヤーに向かった。

17:00PM 本日2回目。まだ全然明るい。早く来すぎた。12月の夕日は18時頃です。
40日目_バガン091_R40日目_バガン092_R
40日目_バガン093_R40日目_バガン094_R

良い感じに日が暮れてきた
40日目_バガン096_R

一番上の回廊よりさらに仏塔をよじ登ってゆっくり夕日を観ることに
40日目_バガン097_R

こういう時に「人間」でよかったと感じる(チンパンジーには理解できない感情)
40日目_バガン100_R

モーターパラグライダーで遊覧飛行する観光客。どこで申し込むのか料金は不明。
40日目_バガン099_R



同じような写真ばっかりと思うでしょ?そうなんです、同じような写真ばっかりです(写真あるある)
40日目_バガン127_R

40日目_バガン103_R

40日目_バガン105_R

日が暮れた直後は少し明るい
40日目_バガン106_R40日目_バガン107_R

宿の方向へ向かいチャリンコを漕ぐ。横を観光バスが通るとハンパない砂煙が。バズーカ持ってたら打っていたね。
40日目_バガン109_R

夜になるとライトアップする寺院もあります。

ティーローミィンロー寺院
ティーローミィンローはニャンウーの町からオールドバガンへ向かう途中に建てられています。 バガンの中でも大きなパヤーで、1218年にナダウンミャ(Nantaungmya)王が王位継承に選ばれたことを記念して建てられました。高さは約47mあります。 外壁の痛みが激しく、またそれが古さを感じられていいのかもしれません。内部の天井にはフレスコ画も描かれています。 また、このパヤーはミャンマーで、「バガンスタイル」としてのお寺としても知られています。

40日目_バガン110_R

40日目_バガン113_R

40日目_バガン112_R


シュエズィーゴォン・パゴダ
ニャウンウーにある黄金色に輝く仏塔で、アーナンダ寺院と並ぶバガンを代表するパゴダです。11世紀、アノーヤター王によって建立が開始され、次代のチャンシッター王が完成させました。3層の基部と釣り鐘の形をしたドームの組合せは、ビルマ式仏塔の典型です。アノーヤター王は内部に仏陀の遺骨と歯を奉納したと伝えられ、仏教徒の厚い信仰を集めています。

ヤンゴン、バゴーのバゴダと同じような狛犬と参道がある
40日目_バガン114_R40日目_バガン115_R

夜の寺院も雰囲気があっていいです。金ピカが際立ちます。
40日目_バガン116_R

お供え物もできます。1,000K≒100円
40日目_バガン118_R


~続く~

あとがき
“ダブルピース、マジでやめとこう、良い思い出が後悔に変わってしまうから”   と思ふ今日この頃でございます

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| ミャンマー | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chupatrip.blog.fc2.com/tb.php/161-166379cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT