PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【持ち物】旅行カバン

まえがき
今回の内容でございます。
  • 旅行カバン3点セット

前回の記事でも書いたように、ボクの旅行カバンはスーツケースです。

このスーツケースの他にサブバックを2つほど持っていきシーンによって使い分けています。
(ほとんどの方がこんな感じじゃないですかね?)

旅行カバン(メイン)
用途:壊れやすい物以外や宿でしか使わない物、お土産などを入れる。飛行機、バスに預ける用
旅行カバン(サブ①)
用途:デジタル機器、カメラなどの壊れやすい物や貴重品を入れる。飛行機、バス内に持ち込む用
旅行カバン(サブ②)
用途:ガイドブックやモバイル機器、貴重品などを入れる。観光用。観光以外の時はメイン、サブ①に入れている。
持ち物_これまでのカバン_1持ち物_これまでのカバン_2持ち物_これまでのカバン_3

元々持っていた旅行カバンで世界一周に行ってもよかったのですが、いい機会なのでこれまで使ってきた8歳になるスーツケース(約60L)を卒業させて、もう少し容量が大きいスーツケースを購入しました。

ボクのスーツケースの選定ポイントはこんな感じです。

・ 安い
   1万円以下。どうせボロボロになるので。

・ 3辺の合計が158cm以下
   国際線の手荷物預け基準は158cmが主流なので。
    空港で計っているところを見たことがないけど余計な心配はしたくないので。

   持ち物_スーツケース規定_1

・ ダイヤル式の鍵
   鍵をなくした場合を考えて。
   持ち物_スーツケース特徴_3

欲を言えばセキュリティー性や耐久性、ダブルキャスターなど欲しかったけど、こうなると価格が高くなるのでこの3点を基準にスーツケースを探しました。

で、楽天市場で購入したのがコレ↓です。

商品名:スーツケース 大型 軽量 拡張機能/TSAロック付 WORLD SKY(ワールドスカイ) AIR WIDE(エアーワイド) スーツケース AW-71 Lサイズ(71cm)/92L
サイズ:W51cm×H77cm×D:32cm
容量:92L
重量:約4.9kg
価格:7,980円

お手頃な価格 サイズは若干オーバーしてるけど誤魔化せれるレベル(と思う)
持ち物_購入したスーツケース_1持ち物_購入したスーツケース_3

ランドリーボックスやアメニティー、ベルトなど付属品付き 荷物が多くなっても25%容量アップできる
持ち物_購入したスーツケース_2持ち物_購入したスーツケース_4 


よしっこれで世界一周に行こう



と決意するも、何度も押し殺してきた心の中のもう一人の自分が現れる。

(本当にスーツケースでいいのかな~?)
持ち物_もう一人の自分


どーしーよー 
持ち物_どーしよー


これまでの経験を踏まえてスーツケースを選んでいるので迷いはないが、ただスーツケースだと苦労する旅先があるかもしれないという懸念は常に抱いている。
(現地ツアーに参加するとはいえ南米ベネズエラのエンジェルフォールやアフリカの大地のような大自然のところではスーツケースを預けるところがないかもしれない)

持ち物_エンジェルフォール_1持ち物_アフリカの大地_1

20%の「懸念」を払拭するために80%の「楽」を捨てるのもなんだかなーと思うし・・・

こんなことをスーツケースを購入した後も考えていた。


10月に入って(出発から約1ヵ月前)本格的に荷物の準備を始めた。

これまでの海外旅行の荷物でもよかったが、より快適な旅にするためアウトドア用品店や家電量販店を巡っていた。

アウトドア用品店では展示しているバックパックを背負い「これで今年の日本の夏みたいなクソ暑いところ歩くと思うと地獄だなー」、「良いやつは3,4万円以上するなー」とか思い、バックパックへの未練を断ち切るようなことをしていた。

そんなことを何度か繰り返していたある日、大阪ミナミのColumbia直営店で運命の出会いをしてしまった。


商品名:COLUMBIA ENDURA65
サイズ:53cm×34cm×23cm(H×W×D)
容量:65L
重量:1758g
価格:23,100円


持ち物_エンデュラ65_3持ち物_エンデュラ65_4

決め手は軽さ通気性。個人的には「重さ」と「背中が常に密着すること」がバックパックのネックだった。

「重さ」は背中で背負う以上避けられないことだが、それでも他のバックパックが2,3kgであることを考えると軽いと思う。

そして「背中が常に密着すること」に関しては、上画像では分かりにくいが、背中部分にはメッシュが張ってあり直接背中とバックパックが接しない構造になっている。同じように腕を通して肩に掛ける部分もメッシュになっているので体とバックパックが密着している箇所がほとんどない造りになっている。

価格も安いと思う。

汗が嫌いな汗っかきさんにオススメです。

世界一周ではバックパックを使わないかもしれない。

でもいざ必要になったらこれは手に入らないかもしれない。
(WEB検索や店員に聞いたら類似した造りのバックパックはあまりなく在庫もほとんどないといっていた。ほんとかなー?)

バックパックにしては安いと思うが、無職の2.3万円はデカイ。

とりあえず取り置きしてもらい数日考えることにした。

「迷い続ける=買わないと後悔する」を教訓にしていることもあって、結局、数日後購入してしまった。



とまぁ、旅行カバン(メイン)はスーツケースにするのですが、一時帰国の際にバックパックに交換しようかなーとか考えていたりします。

あとがき
バックパックにトランスフォーム(変形)できたらいいのにな。

持ち物_エスパー伊藤_1

でも、肝心の荷物を入れれないからダメだ。

“それよりも出国できず、こっぴどく説教されるんだろうなぁ”   と思ふ今日この頃でございます



最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| 出発準備 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chupatrip.blog.fc2.com/tb.php/102-8b5b295f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT