| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ミャンマー】人間は愚かな生き物

世界一周 43日目 国旗_ミャンマー マンダレー@ミャンマー → flag_flag_of_Thailand_1.png バンコク@タイ のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • ミャンマー最終日
  • 人間は愚かな生き物

ミャンマー最終日、昼発マンダレー→バンコクの便までのんびり過ごすことに。

6:00AM
ミゾちゃんが早朝ランニングに出かけた。(ミゾちゃんは世界一周ランナーなんです、すごい!!)

ほとんど寝た状態で「走りに行くんですか?」と言って見送った。

7:00AM
ミゾちゃんが早朝ランニングから戻ってきた。

ほとんど寝た状態で「走りに行くんですか?」といって出迎えた。(ミゾちゃん元気やな~と思うと同時に自分が情けなくなった)

この旅初めてのまともな宿の朝食
43日目_マンダレー→バンコク000_R43日目_マンダレー→バンコク001_R

宿を出るとサドルをいじるスタッフがいた。思わず2度見した。まだやってんのかーい
43日目_マンダレー→バンコク002_R

宿の近くのアイスクリーム屋に行くことに。

ナイロン・コールド・ドリンク (地球の歩き方に記載あり) 仕切りがない寒いところでアイスクリームを食べる
43日目_マンダレー→バンコク003_R43日目_マンダレー→バンコク004_R

女子二人とも寒い寒いと言ってパフェを食べる。

ミゾちゃんにいたってはあまりの寒さにホットコーヒーを注文する。

寒い寒いと言いながら寒い中で寒い物を食べ、あまりに寒いので熱い物を飲む。

ボクが神だったら「人間はなんて愚かな生き物なのだろうか」と思うだろう。


なんだかんだと皆完食する。キミ達のその小さな体のどこに入るんだい?別腹という内臓はないよ。
43日目_マンダレー→バンコク005_R

宿に戻り、荷造りをし、空港に向かう準備をした。

偶然にもミゾちゃんとは同じ便で一緒にバンコクに戻ることに。

ジュンコちゃんとはここでお別れ。

別れを惜しむようにTシャツを撮らせてもらった。このTシャツを着こなせるのはジュンコちゃんかホーチミン君のどちらかだね。(それにしても似合ってるな~)
43日目_マンダレー→バンコク007_R

宿で手配したタクシーに乗り、一時間ほどでマンダレー空港に到着。

えっ?ココ空港って思うほど閑散とした空港
43日目_マンダレー→バンコク008_R43日目_マンダレー→バンコク009_R
43日目_マンダレー→バンコク011_R43日目_マンダレー→バンコク010_R

マンダレー→バンコク 約2.5時間
移動_マンダレー→バンコク

あっという間にバンコクのドンムアン空港に到着。

世界一周1日目に手数料150THB≒480円で200THB≒640円を引き出してしまった空港内のATM(詳細はコチラ
43日目_マンダレー→バンコク012_R

帰り道、ミゾちゃんがカメラ修理をしにお店に行っている間、駅のホームで荷物を見守っていたらご褒美にマンゴーをもらった。日本のマンゴーと違って完熟しておらず梨のようにシャキシャキしている。砂糖やチリをかけて食べる。美味しい。
43日目_マンダレー→バンコク013_R

夕方だったので早めの晩飯ということで、以前にチェックしていたホテルビュッフェにミゾちゃんと食べに行った。

ホテルHoliday Inn内の「Cefe G」のDinner Buffet 299++THB≒1,100円  ここすごくよかったです
43日目_マンダレー→バンコク017_R43日目_マンダレー→バンコク016_R

これまでにない豪華さ。ホンマに1,100円で大丈夫?って思った。
43日目_マンダレー→バンコク015_R

全部美味しそうだった。よだれが止まらんかった。
43日目_マンダレー→バンコク020_R43日目_マンダレー→バンコク019_R
43日目_マンダレー→バンコク018_R43日目_マンダレー→バンコク021_R

ミャンマーでは持ち金に余裕がなく節制してきたので、我慢してきた分アホみたいに食べたろうと思った。食いしん坊万歳。
43日目_マンダレー→バンコク022_R

めっちゃ盛ったった
43日目_マンダレー→バンコク023_R

手前右の札を出すとその場でパスタを作ってくれる。札を全部使ってやろうと思った。
43日目_マンダレー→バンコク024_R

早くもデザート・・・あれっ?なんか腹いっぱい?気持ちではあと3,4回はおかわりしようと思っていたのに・・・
43日目_マンダレー→バンコク025_R

「ヤバイ、もう腹いっぱいやわ、もう食われへん、なんでやろう?」とミゾちゃんにぼやくと「長旅と食事を節制してきたから胃が小さくなったんじゃない?」との返答が。

「欲する気持ち」と「拒む体」、意気込んでいた分ショックだった。

腹がいっぱいで苦しかったのでおとなしくしていたら、ミゾちゃんが「コレ、美味しいよ、食べてみ」と言ってきた。

あれっ?ボク、腹いっぱいって言ったよね?多分というか絶対言ったよね?あれっ?何コレ?
43日目_マンダレー→バンコク026_R 

腹いっぱい、胸いっぱい、腹いっぱいでミゾちゃんとお別れしました。

あとがき
ビュッフェやバイキングが好き。

色んなものをちょこちょこ食べれるから。

しかも値段を気にせず山ほど食べれるから。

ただ、貧乏性のボクは限界まで食べてしまう。

腹はいっぱいなのに、「美味しさ」を感じていないのに限界まで食べてしまう。

そして食べ終わった後、腹が苦しくなり、「もう少し控えとけばよかった」と後悔する。

毎回、同じことをする。

“ボクが神だったら「人間はなんて愚かな生き物なのだろうか」と思うだろう”   と思ふ今日この頃でございます
スポンサーサイト

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| ミャンマー | 17:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ミャンマー】食べてばかりのマンダレー

世界一周 42日目 国旗_ミャンマー マンダレー@ミャンマー のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • マンダレー観光
  • マンダレー→バンコクへの移動

マンダレーには5:00AMに到着する予定だったのに3:00AMに到着した。(遅れて到着するのも困るけど、早朝に早く到着するのも困るんだよな~)

こんなに早く到着するとは予想だにしていなかったので、思いっきり不意をつかれた目覚めになった。

なんとか片目を開け、体も脳もほとんど寝ている状態でパスを降りる準備をした。

前方にバガンから同行しているジュンコちゃんの席があり、後姿を見ると降りる素振りをする様子がなかったので、横を通り過ぎる際に「マンダレー着いたよ」と声をかけた。



(あれ?ジュンコちゃんってこんな顔やったけ?)

(席は間違ってないと思うし、オレ、寝ぼけてんのかな?)

(まぁ女性は化けるっていうしね、気にしない気にしない)

バスを降りてしばらくするとジュンコちゃんの他にもう1人日本人女性が降りてきた。

その日本人女性とジュンコちゃんは仲良さげに話しているので事情を聞いてみると、偶然にも席がジュンコちゃんの隣だったらしい。

この日本人女性は世界一周中のミゾちゃん。(ブログタイトル:ミゾヨコの世界一周ラン日記

真っ暗で寒~いバスターミナルでの奇妙な出会いとなった。(ちなみにジュンコちゃんとミゾちゃんの顔は似ていません、女性はそこまで化けないみたいです)

何かの縁ということでマンダレーで同行することになった。

とりあえずバスターミナルから市街地へ移動。(マンダレーのバスターミナルからの移動はタクシーを使用するのが一般的みたいです)

同じ境遇の外国人観光客を誘いタクシーをシェアした
42日目_マンダレー082_R42日目_マンダレー083_R

行き先はジュンコちゃんが予約していたホテルで、ついでミゾちゃんとボクもここで泊ることにした。

Garden Hotel ツイン20USD
42日目_マンダレー020_R
宿についての詳細はコチラ

マンダレーの観光スポットは旧王宮(入域料10USD)とマンダレーヒルぐらいで自転車だと1日で十分かと。

当初、ミャンマー旅行の中でもマンダレーは出国の空港があるから来たものの、観光する気はなく、体を休めつつダラダラ過ごす予定だった。

そんな中、ジュンコちゃんとミゾちゃんと出会ったおかげでマンダレーで楽しい時間を過ごすことができた。

街の割に旧王宮がデカイ。マンダレーヒルもそんなに。マジで1人だったら何の思い出も残らなかった気がする。
マンダレー観光MAP



宿で仮眠をして、8時頃に朝食を食べにマンダレーの街をウロウロした。

ヤンゴンやバゴー、バガンと違い道は整備されていて広くゴチャゴチャしていない
42日目_マンダレー001_R

遠目から見ると生首が浮いているように見えた。2人を見ても平然としていたので、ボクにしか見えていない「見えてはいけない物」を見てしまったと近くで見るまでドキドキしていた。
42日目_マンダレー000_R

現地人で賑わっているカレー屋で朝食
42日目_マンダレー005_R42日目_マンダレー002_R

カレーもそうだが現地人も良い味を出していた。この人達もそうだったがミャンマーの中でもマンダレーの人が最も外国人観光客(日本人)に興味を持ち、親切にしてくれた気がする。
42日目_マンダレー003_R

ナンではなく(たしか)パンケーキ

42日目_マンダレー006_R

寒い中で飲む温かいチャイが美味しかった
42日目_マンダレー007_R

続けて2件目。

賑わっている店を見るとまたまたカレー屋
42日目_マンダレー011_R42日目_マンダレー010_R
42日目_マンダレー008_R42日目_マンダレー012_R

小さいナンみたいなヤツとクレープみたいなヤツ。同じカレーでも生地もルー?も別物で楽しめた
42日目_マンダレー013_R
42日目_マンダレー014_R

満腹になり宿に戻る途中、ルアンパバーン以来(詳しくはコチラの托鉢を目にした。

42日目_マンダレー018_R

マンダレーの托鉢の行列は長い。折り返し地点でも先頭が見えない。
42日目_マンダレー015_R

よく見ると背の順。なんかカワイイ。
42日目_マンダレー017_R

ルアンパバーンの托鉢に比べ、お供えする側の人数よりも僧侶の数が多いのですぐに食べ物がなくなり現金を渡していた。1つ1つは小額だが何十人分で、それが毎日ともなると日本の物価でも結構な額になる。ミャンマー人は裕福?僧侶リスペクト的なやつ?
42日目_マンダレー019_R



宿でレンタルサイクルを借りて、マンダレー観光をすることに。

ミゾちゃんの借りた自転車のサドルのネジが代替品らしく、いくらネジを回してもサドルが固定しなかったので宿のスタッフに見てもらった。

結構待った。

他にも自転車はあったのに頑なにネジを回して修理しようとする。

なんだなんだ?とたくさんの大人が集まって来てサドルに群がる。

なんか面白かった。

いくらネジを回してもグリングリンとサドルが回る。頑張るスタッフ君。
42日目_マンダレー021_R42日目_マンダレー022_R

横にいたオッチャンをみるとロンジー(腰巻)を半ズボンにしてニコニコしていた。オッサンの太股は全然嬉しくないから早く隠しておくれ。
42日目_マンダレー023_R

サドルも固定され、ようやくマンダレー観光を始めた。

さっそく昼飯。(なんか食ってばかりのような気がする)

マン・ミョー・トー(地球の歩き方に記載) 賑わっていたので期待したが美味しくはなかった。
42日目_マンダレー025_R42日目_マンダレー027_R
名物のパオシー(肉まん)。チキン、ポーク、ココナッツ、ジャクリー(ヤシの樹液を煮詰めたもの)全てが微妙だった。
42日目_マンダレー026_R


気を取り直して、マンダレー旧王宮の周りをサイクリング。

マンダレー旧王宮
ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーにある旧王宮で、ミャンマー最後の王朝、コンバウン朝の王宮。この王宮は3km四方が幅70mの濠と高さ8mの城壁に囲まれ、東西南北計4本の橋で街と結ばれている。内部には王宮博物館もある。アマラプラからマンダレーに遷都(せんと)したミンドン王が1857年から建設を開始し、4年の歳月を経て完成した。1885年、ビルマを占領したイギリス軍は王宮を軍の施設として接収。1942年、ミャンマーに進出した日本軍に占領されたが、1945年3月、この王宮は日本軍と英印連合軍との戦闘に巻き込まれ焼失した。戦後再建され、現在はミャンマー軍の施設として軍の就任式などに使用されている。王宮の一部が一般に開放されている。

めちゃめちゃ広い。北京の故宮ぐらいデカいんちゃうかな。
42日目_マンダレー029_R42日目_マンダレー031_R

旧王宮に入るには入域料10USDを支払う必要があります。

先を行く外国人観光客がゲートで入域料を徴収されるか遠目で観察。(やっぱり徴収されるのかー残念)
42日目_マンダレー030_R

遠くに見える山がマンダレーヒル
42日目_マンダレー032_R

結局、マンダレー旧王宮の中には入らなかった。

ちなみにこんな感じみたいです
マンダレー旧王宮_1マンダレー旧王宮_2
引用

マンダレーヒルで夕日を観るにはまだ早かったので、ブラブラと散策した。

アトゥマシー僧院とその隣にあるシュエナンドー僧院は有料だったのでスルー
42日目_マンダレー033_R
42日目_マンダレー034_R42日目_マンダレー035_R

ちなにみこんな感じみたいです。

アトゥマシー僧院
だだっ広いお堂の中はカラッポ。建物自体は立派である。
アトゥマシー僧院_1

シュエナンドー僧院
ミャンマーでも数少ない貴重な木造の僧院。建物自体が見事な芸術品である。

シュエナンドー僧院_2シュエナンドー僧院_1
引用

地図をみるとパルニ大学という大学があったので、学食を食べに(それとミャンマー女子大生と交流しに)行った。

立派な大学の正門
42日目_マンダレー036_R

学食らしきところを発見
42日目_マンダレー037_R

でも誰もいない。楽しみしてたのに残念。
42日目_マンダレー038_R

大学の割には人が少ない。不思議に思い辺りをキョロキョロしていると袈裟を来た僧侶がいた。なんでこんなに人が少ないかと聞いてみたら、満月の日は休みになるそうです。仏教ならではなんですかね。
42日目_マンダレー039_R

ミゾちゃんは楽しそうに僧侶の男子学生と談笑。

「笑顔は大切」と常日頃意識しているボクが作り笑いをしてしまった(この時は女子学生以外に興味がでなかった)
42日目_マンダレー040_R

学食も食べれず、ミャンマー女子大生も見れずじまいで大学を後にしようとした直後、自転車に乗ったミャンマー女子大生の集団とすれちがった。(坊主じゃなく洋服を着た今どきの女の子だった)

ミゾちゃんに「ねぇ見た?今の女子大生でしょ?可愛かったよね?ねぇ?」と聞いたら、さっきのボクと同じぐらいの作り笑いで微笑んでくれた・・・。


クトドーパゴダ
小さな白いパゴダがずらりと並ぶ、周りの729個の平石には仏教典がとぎれなく彫られている。この石の教典は”世界で一番大きな本”として知られている。

42日目_マンダレー041_R42日目_マンダレー044_R

42日目_マンダレー042_R

42日目_マンダレー043_R

42日目_マンダレー045_R

42日目_マンダレー046_R

マンダレーヒル
ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーの旧王宮(マンダレー王宮)北東に位置する丘。丘全体が寺院の領域で占められているマンダレーの聖地で、高さ230mの丘の頂上は広いテラスになっており、中央の塔には仏像が安置されている。この丘で最も有名な仏像が、チーク材の巨木を彫って全体を金箔で覆った、高さ8mの「予言を与え給う仏陀」像である。山頂のテラスからは、マンダレーの市街や旧王宮が一望できる。◇マンダレーヒルから眺める美しい夕景は、多くの観光客から絶賛されている。

入口
42日目_マンダレー047_R 

42日目_マンダレー048_R

遠くを指さしたり、笑わそうとしている顔のシュールな仏像がある。これまで見たミャンマーの仏像は全部真面目だったので以外だった。観光地だからかな?
42日目_マンダレー049_R42日目_マンダレー050_R

泣いている子供がいたのでミゾちゃんがアメをあげた。それにしてもこの子供アメを舐めても全然笑わんかったな。
42日目_マンダレー051_R42日目_マンダレー052_R

他に登っている人がおらずどこが頂上かよくわからないまま登り続ける。結局ガイドブックにも載っている通りに45分で到着した。
42日目_マンダレー053_R42日目_マンダレー054_R

頂上には仏塔やモンスターなどがいる
42日目_マンダレー055_R42日目_マンダレー056_R
モンスターの後にちっちゃいモンスターがたくさんいた。なんなんこれ?
42日目_マンダレー057_R

登頂して間もなくして日が暮れてきた
42日目_マンダレー060_R

柱の間に夕日が差し込む
42日目_マンダレー061_R

夕日が当ってより金ピカに光る
42日目_マンダレー059_R

日が落ち始めた頃、近くにいた外国人観光客にミゾちゃんとの記念写真をお願いした
42日目_マンダレー062_R

この観光客はカメラを使い慣れていないせいかやっとのことで撮った一枚
42日目_マンダレー063_R


この直後、ミゾちゃんは夕日が落ちてしまうと急いでカメラを構え、日が落ちるまで撮影していた
42日目_マンダレー064_R

正直マンダレーヒルの景色はそんなによくなかった。

夕日は綺麗だったが昨日のバガンの夕日を見ていたこともあってそんなに夢中にならなかった。

写真も数枚だけ撮って、残りの時間はミゾちゃんの後の方で遠くから眺めていた。

そんなボクの姿がミゾちゃんには、急いでカメラを構えるミゾちゃんを冷めた目でみているように見えたらしい。

まさかそんな風に思われているとは思ってもいなかったので、このことを聞いたその日の夜、爆笑した。


ある意味思い出に残る夕日になった
42日目_マンダレー065_R

一旦宿に戻り、晩飯を食べに出かけた。

街灯がないので暗く、車のヘッドライトが眩しい
42日目_マンダレー066_R

ラー・ショーレイ (地球の歩き方に記載あり)シャン料理のお店。
42日目_マンダレー067_R42日目_マンダレー068_R
4品を注文。シェア飯をして1人200円ぐらい。今回のミャンマー旅行で一番美味しかったかも。
42日目_マンダレー069_R
シェア飯が好き。たくさんの料理を少しずつ食べたい。一品だけ注文してそれが不味かったらすごくへこむ。
42日目_マンダレー071_R

2件目は、大衆居酒屋みたいなところ
42日目_マンダレー076_R42日目_マンダレー075_R
ミャンマーの生ビール60円ぐらい。つまみも1皿50円ぐらい。毎晩こんなんやったらいいなと思った。
42日目_マンダレー073_R
何をしゃべたか全然覚えていない。というかここで夕日の時の話を聞いたのかな?とにかく楽しい時間を過ごした。
42日目_マンダレー074_R

宿に戻る途中、バナナクレープを買って皆で部屋で食べた。修学旅行みたいだった。
42日目_マンダレー078_R42日目_マンダレー077_R
42日目_マンダレー080_R

そしていつの間にか寝ていた

あとがき
“なんかマンダレーでは食ってばっかりやな。そういえば「御飯食べに行こう」っていつも女子達が言っていた気がする。あんな小さい体のどこに入るんやろか?不思議なんだなぁ”   と思ふ今日この頃でございます

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| ミャンマー | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ミャンマー】バガン遺跡~続き~

世界一周 41日目 国旗_ミャンマー バガン@ミャンマー のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • バガン遺跡 2日目
  • シュエサンドー・パヤーの朝日
  • ブレリーの夕日
  • バガンからマンダレーの夜行バス移動

~続き~

2日目


バガンの朝日を観ようと余裕をもって5:00AMに目覚ましをセットした。

5:00AMに起きた。

疲れていたのか一瞬、意識が飛び、気が付くと5:30AMだった。

宿から昨日夕日を観たシュエサンドー・パヤーまで自転車で約40分。

朝日は6:00AM。

(あちゃーやってもうたー)

(どうしよかなー?このまま寝ちゃう?それとも間に合わなくてもとりあえず行く?)

葛藤が始まった。

ボクA) 折角、バガンまで来たんだし朝日を観に行こうよ
ボクB) どうせ間に合わないっしょ?夕日観たんだから別にいいんじゃね?
ボクA) 朝日と夕日は別物。朝日も観るべきだよ。
ボクB) えっ?朝日と夕日って別物ってどういうことよ?どう違うんよ?
ボクA) えっ!?そこ聞く?えーっと、爽やかな朝日と甘酸っぱい夕日かな・・・?
ボクB) はーい、意味わかんなーい、テキトーな言葉を付けてごまかそうとしてるー
ボクA) えっ!?じゃぁキミは説明できるの?
ボクB) ぐーぐる先生に聞けば?
ボクA) そんなのダメだよ、ちゃんと自分で理解しないと。人に説明するってことは・・・
ボクC) しょーもないこと考えるぐらいやったら、とりあえず朝日に向かえよ

朝日を観るためシュエサンドー・パヤーに向かった。

宿を出ると、まだ辺りは暗かった。

とりあえず自転車を漕いだ。

街灯もないので前は見えにくい。

ただ、日中とは違い車両が少ないのでノンブレーキで漕ぎ続けれる。

だんだん目が暗さに慣れてきた。

めっちゃ漕いだ、チャリンコ壊れるんちゃんか?ぐらい漕いだ。

こんな感じで
競輪選手_1

めっちゃ漕いだかいもあってなんとか朝日に間に合った。(もしこのルートの世界レースがあったら、そこそこのタイムを記録できたと思う、間に合った時ちょっと笑ってもうた)

到着とほぼ同時に朝日が出始めた。既に大勢の人がスタンバイしていた。
41日目_バガン000_R41日目_バガン001_R

こういう時に「人間」でよかったと感じる(オラウータンには理解できない感情)
41日目_バガン003_R

北側で気球が昇り始めていた。どこで申し込むのか料金は不明。
41日目_バガン004_R

41日目_バガン007_R

41日目_バガン008_R


頑張って来てよかった
41日目_バガン079_R

41日目_バガン010_R

夕日と同じような写真ばっかりと思うでしょ?そうなんです、同じような写真ばっかりです(写真あるある)
41日目_バガン011_R

個人的には朝日の方が良かったです。空気が澄んでいるのと朝靄で幻想的な感じがして良い感じでした。
41日目_バガン015_R

41日目_バガン017_R




ちょっとした達成感を味わいながらシュエサンドー・パヤーを後にした
41日目_バガン018_R

市場みたいなところをブラブラ。朝早いのにお店が開いている。
41日目_バガン021_R

タナカ専門店。携帯用から業務用まで。
41日目_バガン020_R


市場内の屋台みたいなところで鼻水みたいな麺料理を食べた(正体不明)
41日目_バガン022_R 41日目_バガン023_R
麺料理よりも温かいお茶を何杯もおかわりをした。バガンの朝は鼻水がでるぐらい寒いです。
41日目_バガン024_R



この日はオールドバガンの先にあるニューバガンを観光した。


朝日に向かう時とは違いのんびりサイクリングを楽しむ
41日目_バガン031_R

ガイドブックに載っていない寺院、仏塔に寄り道
41日目_バガン029_R

なかなかニューバガンに到着しない
41日目_バガン026_R

こういう遺跡を観るのが好きです。でも(特に女性)全部ただの石で違いが分からないという意見もちらほらと。そして「遺跡にはロマンがある・・・」ってことをいうと「はぁ?何それ?」というのがお決まりの会話になっています。
41日目_バガン028_R

ここからニューバガン
41日目_バガン058_R

41日目_バガン049_R

41日目_バガン050_R


41日目_バガン051_R


サイクリングの様子です。バガンのサイクリングは最高です。



ミンガラー・ゼディ
ミンガラーゼディは1277年にNarathihapati王により建てられました。オールドバガンで最も西に位置しエーヤワーデー川沿いにあります。ここからの眺めは良いと、人気があります。

41日目_バガン032_R


41日目_バガン033_R

眺めそんなに良くなかったな~
41日目_バガン034_R


ミィンカバー・パゴダ
ミィンカバーはミンカバ村にあります。村の名前がそのまま寺院になっています。11世紀に、アノーヤター(Anawrahta)王が兄(弟)?を征服したことを記すために建てた寺院です。 他のパゴダと見比べてしますと見劣りしますが、見事な装飾が施されているところにも注目してみてはいかがでしょう。

近くにミンカバ村があります。ウロウロしましたが誰も見かけませんでした。たぶん住人のほとんどはこのパゴダ前のお土産店で働いていると思います。
41日目_バガン038_R

41日目_バガン037_R


思っていたより立派な寺院でした
41日目_バガン039_R

41日目_バガン040_R41日目_バガン041_R

今思えばミャンマーの絵を買えばよかった
41日目_バガン043_R

またタナカを塗ってもらった。ミャンマーの人は愛想がいいです。
41日目_バガン045_R41日目_バガン048_R
ちゃんと塗ってもらったのに調子にのって洗顔のように顔全体に塗りたくった。(一応、笑ってくれた)
41日目_バガン046_R

 タナカって乾くと固まります。なので顔全体に塗ると、うまく笑えなくなるのでご注意を。


ローカナンダー・パヤー
1059年にアノーヤタ(Anawrahta)王によって建てられました。このパゴダには仏陀の歯が収めれれています。エーヤワーデ(Ayeyarwady)川のほとりに建つため、バガンの”南の入り口”、船着場としても有名な場所です。

ニューバガンの端にあります
41日目_バガン054_R

相変わらず対岸には何もないです
41日目_バガン055_R

真上に太陽がきていることもあって、これでもっかってぐらいピカピカでした
41日目_バガン056_R

オールドバガンに戻り、朝に食べた鼻水みたいな麺料理屋がある市場周辺が賑わっていたので立ち寄ってみた。

41日目_バガン066_R

セパタクロー(足だけでバレーをする球技)の試合をしていた。samsongとかちゃんとしたスポンサーがついていた。
41日目_バガン065_R

この日の夕日はどこで観ようかと前夜に宿主のフミヤ(ミャンマー人)に相談したら、観光客はシュエサンドー・パヤーに行き、地元の人はブレリーに行くと教えてもらった。

ブレリー(BULE THI)。ティーローミィンロー寺院の南側にあります。地元の人に聞けばすぐわかります。
41日目_バガン077_R

41日目_バガン067_R

ひょうたんを紐でぎゅっと縛ったような形をしています(名前の由来もそうだったと思います)
41日目_バガン068_R

人が少なく登りやすいです
41日目_バガン069_R

地元の人??が既にいました。シュエサンドー・パヤーみたいに人が大勢いないのでのんびり夕日を観れます。
41日目_バガン071_R

寝転がって観たりもできます
41日目_バガン070_R

シュエサンドー・パヤーもいいですけどブレリーの夕日もいいですよ
41日目_バガン079_R

41日目_バガン072_R

41日目_バガン074_R

月が見える遺跡の中の道で馬車と競争しながら宿に戻った
41日目_バガン076_R

宿に戻ると日本人の女の子がいた。(ミャンマーに来てから初めて日本人を見た。というか外国人観光客を全然見かけなかった。)

左からボク、藤井フミヤ(似てるか?でもすごく良い人)、メグミちゃん(この後すぐに別々になるがシンガポールで再会する)、ジュンコちゃん(偶然マンダレー行きの便が同じだったので翌日のマンダレーまで一緒に行動することに)
41日目_バガン078_R

大満足のバガンを後にしてマンダレーに向かった。
移動_バガン→マンダレー

バガン→マンダレー夜行バス 7,500K≒800円 約8時間
41日目_バガン081_R41日目_バガン082_R
移動についての詳細はコチラ

あとがき
“えっ!?日本の藤井フミヤって52歳なん!?めっちゃカッコいいやん!!ボクもこんな風に歳をとろうっと・・・はいっ、言われんでも分かります、無理です、知ってますぅ~。それよりミャンマーの藤井フミヤ、似てるか~?、どこかTrue Loveやねん、というか誰がゆうたんやろか・・・”   と思ふ今日この頃でございます

あれっ!?なんか藤井フミヤに似てなくもないというかボクよりかは似てるというか
藤井フミヤ_1藤井フミヤ_2藤井フミヤ_3 


最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| ミャンマー | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。