PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ランキング】好きな映画(詳細)

ボクにとって映画は趣味の一つで、娯楽と併せてストレス解消として楽しんでいます。
ジャンル問わず好きなのですがその中でもド派手なアクション映画が好きですね。

時間がある時にまとめてレンタルして観ています。
そのせいもあり映画の話題になると、何を観たっけ?内容どんなんだっけ?とかなることが度々。
ということでいい機会なのでランキング形式でまとめてみました。
(毎度のこと1,2,3位に複数の作品がランクインしています)

国際線の機内で寝ずに映画ばかり観ています。
(10時間フライトで4,5本。到着したときはヘロヘロです。)

世界一周では、映画のロケ地に行こうと思っています。
ハリー・ポッター(イギリス/ロンドン)、アメリ(フランス/パリ)、かもめ食堂(フィンランド/ヘルシンキ)、スター・ウォーズ(チュニジア/サハラ砂漠)、ビバリー青春白書(アメリカ/ロサンゼルス)・・・調査中

インドの映画館ではダンスシーンになると観客全員立って踊りだすそうです。

それではランクインした作品について、簡単にコメントをしたいと思います。


アクション部門

1位は「バットマン ダークナイト」です。

ダークナイト_3

ヒースレジャーのジョーカーにメロメロです。
マジで亡くなったのが残念です。続編観たかったー。
ダークナイト_1

表情、笑い声、歩き方、何気ない仕草までに狂気が満ちた演技をするヒースレジャーに魅了されました。

↓このあと鉛筆を消すマジックをすると言って、近くの男の顔を鉛筆にぶつけてあたかも鉛筆が消えたかのようにした。
ダークナイト_2

病院の爆破のシーンでジョーカーが振り返ったのは演技ではなくて、爆破が遅れたものによるもの。
そこをヒースレジャーは何度もボタンを押すアドリブをして違和感ない演出にした。
爆破後に楽しそうに颯爽とバスに乗り込む姿も狂気に満ちている。
ダークナイト

2位は「007 カジノ・ロワイヤル」「オーシャンズ11」「ワイルド・スピード MEGA MAX」「トランスフォーマー」とシリーズの中で一番好きな作品を挙げてみました。
どれもド派手で、豪華で、金かけているだけのことはあると思います。

007 カジノ・ロワイヤル 
オーシャンズ11 ワイルド・スピード MEGA MAX 
トランスフォーマー 

3位の「60セカンズ」の1シーンで、これから車を盗みに行くという時にニコラスケイジが仲間全員集まっている前で音楽をかけろといい、目を閉じて音楽を聴き入り、感極まった瞬間に人差し指を立てて“よし、行こう”というシーンがある。
たまにやる。


SF・ファンタジー部門

1位は「アメリ」と「インセプション」です。

まずはアメリ。

してやったり顔
アメリ 

まさにファンタジーな世界。
中でも、人を幸せにすることを趣味にし始めたアメリが、父親の庭の人形を盗んで世界旅行をさせ、返らない手紙の返事を捏造させた(実際にアメリカの老夫婦に起こったことらしい)シーンが、
アメリ_2
海外旅行を始めたボクには夢ある行為に思え、真似て海外旅行に行くときはフィギュアを持ち歩くようにしている。
世界遺産をバックにフィギュアを撮影中、外人は笑ってくれるが、友人はキモイといってくれる。。。

次に、インセプション。

インセプション_1

深層心理の深層心理の深層心理・・・みたいなパズルのような脚本とそれを見事にこなす役者、深層心理の表現を天地をひっくり返したり、洪水やスローなどの演出がツボ。
インセプション_2

2位の「ターミネーター2」はCGの先駆けじゃないですかね。
昔の作品ですが子供のころの印象深さでいうとダントツですね。
ターミネーター2 

3位の「トロン:レガシー」は近未来デザインとダフト・パンクがツボ。



バイオレンス・ホラー部門

1位は「ホステル」と「アウトレイジ」です。

まずはホステル。

ホステル_1 

クエンティン・タランティーノが製作総指揮の作品。
痛々しいグロさと脚本がツボ。
食前には見ない方がよいです。
ホステル 

次に、アウトレイジ。

アウトレイジ

中でも、早朝の薄暗い中で、首に縄を繋がれたままの椎名桔平を乗せた車が発進し、エンジン音の途中でゴトッと音がして車から椎名桔平が放り出される。
次の大友(北野)の出頭シーンで、小日向が「ほとんど首取れてました」と。
早朝に、静かに、縄で首をちぎるという演出、生生しいです。
アウトレイジ_2

2位の「スモーキン・エース」はカメラワークがツボ。
1人のターゲットに数組の暗殺者が一斉にドンパチします。アホみたいに。
スモーキンエース 



ドラマ・ドキュメンタリー部門

1位の「レオン」と「ショーシャンクの空に」はどちらも名作中の名作。

まずはレオン。

レオン

レオンは高校の英語の授業で初めて観た。当時はラストシーンでしゃがむマチルダのパンツが見える見えないではしゃいでいた。若かった。

ゲイリー・オールドマンが演じた刑事が、上を向き首をひねってカプセルに入った薬を噛み砕く時の恍惚とした虚ろな目が印象的です。
レオン_2

次に、ショーシャンクの空に。
ベタに脱出した時の爽快感ですね。
ショーシャンクの空

エリン・ブロコビッチ」や「ソーシャル・ネットワーク」のような実話で且つサクセスストーリーは観た後の充実感に満たされる。

3位の「21グラム」のショーン・ペンとベニチオ・デル・トロの名演技が印象に残っている。タイトルの21グラムの由来は・・・
21g.jpg 


サスペンス・ミステリー部門

1位は「CUBE」と「バタフライ・エフェクト」。

ますはCUBE。

CUBE.jpg

低予算ならではの単純なストーリーだけど深い。アイデア勝ちかと。
昔、最後に光の中に消えていく奴のモノマネをしていた。
CUBE_1.jpg
CUBE_2.jpg

次に、バタフライ・エフェクト。

バタフライ・エフェクト_1

ストーリーの分岐点が多数あり、どちらを選ぶことによりストーリー(運命)は違ってくる(左右される)脚本がツボ。
バタフライ・エフェクト(バタフライ効果)というのは「通常なら無視してしまうような極めて小さな差が、やがては無視できない大きな差となる現象」を示す意味。

エンディングも複数あるらしい。
バタフライ・エフェクト_2

シャッター アイランド」や「ユージュアル・サスペクツ」のような大どんでん返し系は好き。


ラブストーリー部門

1位は「猟奇的な彼女」です。

猟奇的な彼女

最後に明かされる猟奇的な行動をしている理由やドSのヒロインが流す涙や弱音のギャップがツボ。

この松の木のエピソードは切な過ぎる
猟奇的な彼女_2

2位の「ラブ・アクチュアリー」のようなひとつのテーマで登場人物それぞれの人生が少しずつ絡み合う群像劇が好き。類似作品にバレンタインデー、ニューイヤーズ・イブとかがある。

ラブ・アクチュアリーの印象的なシーンは、マークのジュリエットへの片思いの結末シーン。
ずっと好きだった人が親友と結婚してしまい、なんとか想いを断ち切ろうとして、マークはジュリエットにそっけなく接してしまうのだけれど、結婚式のビデオはジュリエットばかりが映っていて・・・そして、ラストの無言のプラカードでの告白シーン。ジュリエットも声には出さずに「メリークリスマス」と口の動きだけで伝えたり、黙ってキスする。
ラブアクチュアリー

オシャレですね~。
このときからジュリエット役のキーラ・ナイトレイのファンになりました。
ラブアクチュアリー_3

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンドの1シーン
ラブアクチュアリー_2



コメディ部門

1位は「ハングオーバー!」です。

ハングオーバー_1 ハングオーバー_2

ハングオーバー!!も同じぐらい好き。
バカバカしい設定と計算されたストーリー展開がツボ。
笑いもそうだけど、友情を感じさせるところがいい。
全員男だからこそですかね。
ハングオーバー_3

2位の「ブルース・オールマイティ」や「もしも昨日が選べたら」みたいな夢溢れる笑いも好き。


以上、ホントに部分的ですがコメントしてみました。
自分で整理していて、なんとなく好みの傾向が分かったような分からないような。

世界一周先でも映画を観ようと思っているので、何かオススメの映画があれば教えてください。
酒を飲みながらダラダラと語りたいですね~

それでは、さよなら さよなら さよなら
映画  

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| ランキング | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ランキング】好きな映画

こんな感じで~す。
※ジャンル分けが微妙な作品もありますがご勘弁を

好きな映画_アクション部門  

好きな映画_SFファンタジー部門 

好きな映画_バイオレンスホラー部門    

好きな映画_ドラマドキュメンタリー部門
 

好きな映画_サスペンスミステリー部門
 

好きな映画_ラブストーリ部門  

好きな映画_コメディ部門
 

なんでこの映画なの?って思われた方は↓コチラをクリック。
【ランキング】好きな映画(詳細)

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| ランキング | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ランキング】好きな国(詳細)

好きな国の中の好きな国の中の・・・(中略)・・・な国の中で絞った結果がコレです。
1位は一つにしたのですが、2,3位は一つにできませんでした。
ランク外ですが、大自然のスイス、イグアスの滝のアルゼンチン、エレガントなフランス、エキゾチックなトルコ、大航海時代のポルトガル、ウユニ塩湖のボリビア(乾季に行ったので期待を込めてランク外)等好きな国はたくさんあります。

“どの国が良かったですか?”“どの国がオススメですか?”
海外旅行によく行く方にとってはよく聞かれる質問ではないですかね?

好きな国って難しいですよね。嫌いな国には行かない訳ですし、かといって優劣をつけるとなると何を基準にしたらいいのか。
5W1H(Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ)How(どのように))で変わるでしょうし何より個人の好みに左右されると思います。

ってなことでボクの好きな国ランキングの定義を決めました。

好きなランキングの定義“好き”は考えるものじゃないんだよね、感じるものなんだよね

そんなトレンディーなボクが感じた各国の好きポイントをご覧ください。
(画面右上の「×」印をクリックしようと思ったアナタ!!謝るんで読んでくれぇぇぇ!!)


銅メダル 第3位

flag_flag_of_Italy_1.png  イタリア/Italy といえば、

絶景(左から、ローマ遺跡、フィレンツェ、ベネツィア、カプリ島の青の洞窟)、
イタリア_ローマ遺跡 イタリア_フィレンツェ 
イタリア_ベニス イタリア_青の洞窟 

ピザやジェラートなどのグルメ、
イタリア_ピザ イタリア_ジェラート

とかがあります。(他にもあげたらキリがないのでこれぐらいでご勘弁を)

世界遺産を保有する国、世界1位だけあって見所満載です。
グルメやファッション、芸術、サッカーなど観光スポットだらけです。
本当はランキング2位でもよかったのですが、偽ポリスに絡まれたり、ローマのテルミニ駅で1夜を過ごしたときに航空券とクレジットカードを盗まれたりした苦い経験があるので3位にしました。

世界一周ではバチカン美術館(以前は3時間待ちで断念)、ポンペイ、アマルフィ海岸、トルッリ、シチリア島などに行きたいなぁと。

余談ですが、上野樹里が出演している「やさすい!」のCMに出てくる顔の石像ってイタリア中部のボマルツォの怪物公園(Parco dei Mostri=パルコ・デイ・モストリ)にある「地獄の口(L'orco=オルコ)」とのことです。(日本と思ってた)

イタリア_やさすい


flag_flag_of_Russian_1.png  ロシア/Russia といえば、

カラフルな建造物やお土産(左から、赤の広場の聖ワシリイ大聖堂、マトリョーシカ)、    
ロシア_赤の広場 ロシア_マトリョーシカ

ウォッカやピロシキなど寒い国の食文化、
ロシア_ウォッカ ロシア_ピロシキ

バレエや美女、
ロシア_バレエ ロシア_美女

とかがあります。

ロシアは旅行しにくい国の一つではないかと思います。
反米の国だったので英語がほぼ通じません。

なにより私の場合は旅行代理店に手配を依頼したのでVISA取得の際にバウチャー(ロシア連邦外務省公認の旅行代理店が発行するホテルや交通機関の予約と、その支払証明書のこと)が必要で旅行スケジュールを事前に決めておく必要がありました。
(参考として、当時は時間とロシアの情報があまりなかったので旅行代理店に依頼をしましたが、現在、時間に余裕があるとしたら空バウチャーを使用すると思います)

こんな感じでロシアに入国するまではいろいろ面倒だったのですが、それを超える魅力がロシアにありました。
ロシアって、綺麗なんですよ。人も色も景色も。

社会主義で反米の国だったので無機質なイメージがあったのですが、そんなことはありませんでした。
無愛想に見えるオネーちゃんも声掛けると笑顔で親切に対応してくれました。(ギャップにメロメロ)

新たな発見だったのが芸術推進国でもあったんです。
良い例がサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館で、外内観、展示物すべての規模が大きく豪華絢爛。
美術館界の叶姉妹です。美術館の数と質も高く、駅内も美術館みたいです。

そんな予期せぬ発見や英語のない環境での旅行が印象的だったのでランキング3位にしました。

世界一周でも情報が少なかったり、英語が通じない国が出てくると思います。
そんな国に飛び込むがどうかは、その時のノリですかね。

ちなみに、旧ソ連だったウクライナとベラルーシはロシアよりも美女大国だそうです。
そんな国には飛び込みます。



flag_flag_of_Cambodia_1.png  カンボジア/Cambodia といえば、

アンコールワット、
カンボジア_アンコールワット_1 

アンコールトム、ベンメリア、
カンボジア_アンコールワット_4 カンボジア_アンコールワット_5

タ・ブローム、伝統舞踊、
カンボジア_アンコールワット_2 カンボジア_アンコールワット_6 

やっぱり国旗にも描かれているアンコールワット遺跡郡じゃないですかね。
カンボジア旅行ではアンコールワットがあるシェムリアップという都市しか行かなかったんですが、遺跡の魅力もさることながら観光のし易さを評価してランキング3位にしました。

カンボジアは直近で行った国で、思い立った3日後にはカンボジアにいました。
直行便も出ていますし、アライバルビザ(arrival visa)制度があり日本で取得せずともカンボジア入国の際に取得できるんです。
観光費用も安いと思います。(入場料、乗り物チャーター、宿、食事、観賞など込みこみで約1万/日でいけます。0.5万円でも十分楽しめるかと)
日本語も通じることが多々ありました。
それだけ日本から行きやすい国だと思います。

海外旅行初心者にオススメの国です。


ペルー_国旗  ペルー/Peru といえば、

マチュピチュ、
ペルー_マチュピチュ

雲が近いクスコの街並みとナスカの地上絵、
ペルー_クスコ ペルー_ナスカ 

アルパカにインカコーラー
ペルー_アルパカ ペルー_インカコーラー 

とかがあります。

やっぱりマチュピチュですかね。
好きな世界遺産ランキングであればマチュピチュは上位なのですが、国としてトータルで考えた結果ランキング3位としました。
やっぱり南米は遠いです。
なんかマチュピチュの自然劣化が激しいので入山禁止になるって噂が数年前からあるけどどうなんでしょう。
マチュピチュは一生に一度は観てほしいですね。
画のままっちゃままなんですが、それでも感動しますよ。


銀メダル 第2位

flag_flag_of_Germany_1.png  ドイツ/Germany といえば、

シンデレラ城のモデルといわれているノイシュヴァンシュタイン城とレジデンツ博物館
ドイツ_ノイシュヴァンシュタイン城 ドイツ_レジデンツ博物館 

ゴシック建築フェチのボクにはたまらない街並み、
ドイツ_大聖堂 ドイツ_ケルン 

ソーセージ、ビールそしてアディダス、
ドイツ_グルメ ドイツ_ビール ドイツ_アディダス 

とかがあります。

初めて社会権を規定した憲法を制定したドイツだけあってドイツ人は規律を守り、ヨーロッパの中で最も公共機関のダイヤが正確で、治安が良かったです。
鉄道の券売機に乗換検索があってそれをプリントできるサービスがありました。しかもホーム番号、車両番号まで詳細に。(今から8年前にですよ!?)
道を尋ねても快く教えてくれたり、飲みに誘ってくれたりボクの中ではドイツ人は親切な人種のイメージがあります。
(ちなみに、ドイツのサッカーリーグが日本人を多く採用するの理由の一つに「日本人は希望しないポジションであっても役割を果たし組織プレーを重んじる」だからだそうです←納得)
そんなドイツは観光、建造物、食事そして人柄がツボな国です。

海外旅行初心者にオススメです。

世界一周では9月半ばから10月上旬に開催されるオクトーバーフェストに行きたいなぁと。

メキシコ国旗  メキシコ/Mexico といえば、

マヤ文明のチチェン・イッツとテオティワカン、
メキシコ_チチェンイッツァ メキシコ_テオティワカン 

遺跡フェチのボクがオススメするトゥルム遺跡、
メキシコ_トゥルム2 メキシコ_トゥルム 

カラフルなグアナファトと歴史感じるメキシコシティの街並み、
メキシコ_グァナファト メキシコ_メキシコシティ

ルチャリブレとマリアッチ、
メキシコ_ルチャ メキシコ_マリアッチ

タコスとセノーテ、
メキシコ_タコス メキシコ_セノーテ 

とかがあります。

“麻薬カルテルが女性市長を殺害”“アメリカの犯罪者はメキシコに身を潜める”“ガイドブックにも暗くなったら出歩かないこと”などのニュースや噂、情報からメキシコは治安が悪い国と思っていました。
確かに北メキシコはヤバイらしいですが、観光地ではそうでもありません。
逆にとても人情味あふれる人ばかりでした。(まさにアミ~ゴ♪です)
芸術では迫力ある壁画がたくさんありました。壁画は現地に行かないと見れないですからね。

そんなメキシコは観光、遺跡、民族舞踊、料理そして人柄がボクにとってツボな国です。

海外旅行中級者にオススメです。


金メダル 第1位

flag_flag_of_Spain_1.png  スペイン/Spain といえば、

アントニ・ガウディの作品群(左から、サグラダ・ファミリア、グエル公園)、
サグラダファミリア スペイン_グエル公園 

バル、スペインサッカー、
スペイン_バル スペイン_サッカー 

闘牛、フラメンコ、
 スペイン_闘牛 スペイン_フラメンコ 

牛追い祭り、トマト祭り
スペイン_牛追い祭り スペイン_トマト祭り

とかがあります。

スペインはそこら中でキスしてたり、血の出る殴り合いをしたり、闘牛(動物愛護団体からクレーム!?)や牛追い祭り(牛追われ祭りじゃね?)で盛り上がるような情熱的な国です。

ガウディやピカソの作品が日常で垣間見れたり、パエリアやバルでタパスの食べ歩きとか、アンダルシア地方でフラメンコやサッカー(リーガ・エスパニョーラ)を観たり、グラナダのアルハンブラ宮殿や古都トレドなどの世界遺産も多数あって男女問わず満足できる観光ができるかと思います。

2004年にスペインに行った後にもいくつかの国に行ってもなお不動のランキング1位です。

世界一周では祭りやサッカー、イビサ島でのクラブ活動などの催しに参加しつつ、ガウディやダリにどっぷり浸かりたいなぁと。

以上、簡単にですが、ランクインした国ついて書いてみました。

世界一周中も更新していきたいと思います。
スペインを超える国が出てくるか楽しみです。

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| ランキング | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT