≫ EDIT

【プエルトリコ】Casa Bacardiで究極モヒートを飲する ~サンファン~

1906~1909目 プエルトリコ 国旗 サンファン@プエルトリコ のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • Casa Bacardi
  • 行き方は、①乗合タクシー、②路線バス、③徒歩
  • いろいろもらえる見学ツアー
  • 究極モヒート

下記は、2019年1月時点の内容になります。



プエルトリコのサンファンにある世界的有名なラム酒「バカルディ(Bacardí)」の生産量世界一の工場「Casa Bacardí」に行ってきました。

サンファン旧市街の対岸にある
地図 casa bacardi 

旧市街のバスターミナルから旧市街方面へ海岸沿いを歩いていくとフェリーターミナルがあります。

ツアー会社があるけど、余裕で個人で行くことができる
IMG_4860.jpg 
チケット売り場
IMG_4861.jpg 
片道0.5USD , 何も言っていないのに2枚(往復)のチケットを渡してきた
IMG_4862.jpg 
10分ほどで到着
IMG_4866.jpg 
到着したフェリーターミナルから「Casa Bacardi」への移動手段は①乗合タクシー(5USD)、②路線バス(0.75USD)、③徒歩の3つ。

ボクは③徒歩を選択
IMG_4867.jpg 
全裸女性
IMG_4868.jpg 
スピードボートから気になっていた建物
IMG_4869.jpg 
海岸沿いの遊歩道
IMG_4879.jpg 
強風の耐え忍ウミネコたち
IMG_4875.jpg 
サンファン旧市街が見える
IMG_4880.jpg 
35分ぐらい歩いて「Casa Bacardi」の入り口に到着。画像の写っているのが乗合タクシー。同じタイミングで到着。待ち時間を考慮すると所要時間は乗合タクシーも徒歩も変わらないかも。
IMG_4882.jpg 
先に進むとgoogle mapの画像と同じ風景が現れる。途中「お前どこに行くんだ?」とセキュリティ・スタッフに怪しまれ、簡単な質問をされた。徒歩で来場する人はいないんだろうな。
IMG_4884.jpg 
デカいシンボルマーーーク
IMG_4889.jpg 
早速、見学ツアーに申し込んだ。一人15USD+tax
IMG_4887.jpg 
限定タンブラーと交換コイン(1ドリンク無料)、ツアー出発を知らせるアラーム器を受け取る
IMG_4888.jpg 
アラーム器が鳴って、トラムに乗車
IMG_4890.jpg 
敷地内をゆるーりとトラムが進む
IMG_4892.jpg 
おっ、工場っぽい
IMG_4893.jpg 
偉い人がいそうなところ
IMG_4894.jpg 
サトウキビを運んでいたであろう汽車
IMG_4896.jpg 
入口に到着
IMG_4899.jpg 
綺麗な模様
IMG_4972.jpg 
入口横にラム酒の原料のさとうきび
IMG_4973.jpg 
入口にツアー客が全員集まるとガイドが説明を始めます。Bacardiのシンボルマークの「コウモリ」のオブジェがあるこの部屋がスタートポイントです。
IMG_4968.jpg 
周りにラム酒の歴史的背景が描かれたタイル画がある
IMG_4903.jpg IMG_4902.jpg IMG_4904.jpg 
シアタールームでバカルディのお勉強
IMG_4916.jpg 
キューバ独立戦争(1898年)の頃、アメリカ人大尉がキューバのバカルディ・ラムにコカ・コーラとフレッシュライムを一絞り入れ、「ポル・クーバ・リブレ!(自由なキューバのために)」と乾杯の音頭をしたことから、カクテル「キューバ・リブレ」が誕生した
IMG_4917.jpg 
工場見学と思っていたけど、ラム酒博物館だった、そりゃそうか。ガイドの説明内容もキューバでのツアーと比べると大差なかった。
IMG_4932.jpg 
プエルトリコが生産量世界一なのは税金がかからない(かからなかった?)ため
IMG_4921.jpg IMG_4935.jpg 
ガイドの説明よりも展示資料の方が興味をわいた
IMG_4933.jpg IMG_4922.jpg 
IMG_4926.jpg IMG_4925.jpg IMG_4923.jpg IMG_4931.jpg 
バカルディ社の創業者はスペインのワイン商ドン・ファクンド・バカルディ
IMG_4930.jpg 
IMG_4924.jpg IMG_4920.jpg IMG_4927.jpg 
キューバのサンティアゴ・デ・クーバの街でBacardiは誕生した
IMG_4928.jpg 
モニター説明ルーム
IMG_4937.jpg 
ここで撮影した写真は指定のメールアドレスに送れます
IMG_4938.jpg 
IMG_4942.jpg 
IMG_4939.jpg IMG_4940.jpg 
いろんな製造過程時、いろんな種類、いろんな熟成年数のBacardiのにおいをかぐことができる
IMG_4941.jpg 
ここでツアー解散
IMG_4944.jpg 
代表的なラム・カクテル、左からキューバリブレ(ラムコーク)、ダイキリ、モヒート
IMG_4946.jpg 
ギフトショップ
IMG_4950.jpg 
シンボルマークのコウモリは創業者の奥さんが考案。蒸留所の側の木にフルーツバット(コウモリ)がいたことが由来。
IMG_4949.jpg 
年代物Bacardiは値段もそれなりにします
IMG_4953.jpg 
お土産にはミニボトル
IMG_4951.jpg IMG_4952.jpg 
Tシャツデザインかわいい
IMG_4955.jpg 
カバンとかある、もう何でもありですわ
IMG_4959.jpg IMG_4960.jpg IMG_4956.jpg IMG_4957.jpg IMG_4958.jpg IMG_4962.jpg IMG_4961.jpg IMG_4964.jpg 
既にツアーは終了しているので自由行動。トラム出発ポイントまで徒歩1,2分。トラムの意味はあるのだろうか?
IMG_4974.jpg 
出発ポイントに戻り、交換コイン(一杯無料)を使用。モヒートとダイキリとオレンジジュース割のやつ(ラム・サンライズ?)の3つから選ぶ
IMG_4975.jpg 
丁寧に作ってくれる。それもあって長蛇の列になり、並んで飲むまでに30分はかかったと思う。
IMG_4977.jpg 
限定タンブラーで本格モヒートを飲む。間違いない!!これぞ究極モヒート!!!!(コースターもらえます)
IMG_E4982.jpg 
海風が心地よく、ほろ酔いになり、最高の時間を過ごしました
IMG_4983.jpg 
帰りも徒歩で。行きと同じく、乗合タクシーとほぼ同時にフェリーターミナルに到着した。
IMG_4990.jpg 
一度見た風景に飽きて、ずっとおねーちゃんのケツを追っかけていた
IMG_4991.jpg 


あとがき
Casa Bacardiでもらった限定タンブラーをこの後、乗船するクルーズ船で毎日使っていた。

少し気を抜いたせいで、この限定タンブラーを船内のどこかに置き忘れてしまった。

必死にレストランスタッフ、カスタマーセンターに忘れ物、落とし物が届いていないか何度も問いかけた。

結果、手元に戻ることはなかった(泣)

“このことを忘れていたのにこの記事を書いていて思い出してしまった、やっぱり悲しいなぁ”   と思ふ今日この頃でございます

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| プエルトリコ | 03:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【プエルトリコ】宿

プエルトリコ 国旗 プエルトリコ のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • サンフアン(San Juan)

(凡例)
   宿名 , 部屋種別 , 宿泊代 , 予約方法 , 個人的評価(良・普通・悪)

下記は、2019年1月時点の内容になります。



サンフアン(San Juan) 


ルイス・ムニョス・マリン国際空港(Luis Muñoz Marín International Airport)
IMG_4713.jpg 
リゾート地だけあって?空港泊している人、しようとしている人が皆無でそもそも空港泊できるのかどうかよくわからないまま就寝。ぐっすり眠れました。
IMG_4712.jpg 


Hostel H1 Miramar , 8人ドミトリー , 22.4USD≒2,470円 , booking.com , 良
IMG_4718.jpg 
暑そうに見えるけどそれほどでもない
IMG_5336.jpg 
レセプション前。ここで無料朝食を食べる。夜食も無料と記載されているけど正確にはチップ制。
IMG_5335.jpg 
キッチン。調味料豊富。
IMG_5020.jpg 
2F共有スペース
IMG_5021.jpg 
喫煙スペース
IMG_5018.jpg 


あとがき
クルーズ乗船日に宿に忘れ物をしてしまい、クルーズ中に宿にメール連絡をした

クルーズ下船後に再び宿に取りに行くと、しっかりと保管してくれていた

ちなみに、忘れた物は、折り畳み傘と洗濯用折り畳みバケツ

無くすと、地味に痛い旅グッズ

クルーズ中に連絡してよかった

“クルーズ船の出港場所と帰港場所が同じでよかったんだなぁ”   と思ふ今日この頃でございます

最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| プエルトリコ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【プエルトリコ】移動

プエルトリコ 国旗 プエルトリコ のお話

まえがき
今回の内容でございます。
  • ルイス・ムニョス・マリン国際空港(Luis Muñoz Marín International Airport)⇒ ミラマール(Miramar)地区
  • ミラマール(Miramar)地区 ⇒ 旧市街 バスターミナル
  • フェリーターミナル ビエホ・サン・フアン(Viejo San Juan)地区 ⇔ フェリーターミナル カターニョ・プエブロ(Cataño Pueblo)地区
  • フェリーターミナル カターニョ・プエブロ(Cataño Pueblo)地区 ⇒ Casa Bacardí

(凡例)
   移動手段 , 交通費 , 出発時刻 , 到着時刻

下記は、2019年1月時点の内容になります。



ルイス・ムニョス・マリン国際空港(Luis Muñoz Marín International Airport)⇒ ミラマール(Miramar)地区

路線バス(T5番) , 75セント , 所要時間:約30分
空港出て右に行ったところに路線バスのバス停があります。お釣りはないのでコインの準備が必要です。
IMG_4806.jpg 
IMG_4807.jpg IMG_4714.jpg 


ミラマール(Miramar)地区 ⇒ 旧市街 バスターミナル

路線バス(T5番) , 75セント , 所要時間:約15分


フェリーターミナル ビエホ・サン・フアン(Viejo San Juan)地区 ⇔ フェリーターミナル カターニョ・プエブロ(Cataño Pueblo)地区

スピードボート , 0.50USD , 所要時間:約10分
IMG_4861.jpg IMG_4862.jpg IMG_4865.jpg IMG_4866.jpg 


フェリーターミナル カターニョ・プエブロ(Cataño Pueblo)地区 ⇒ Casa Bacardí

徒歩35分
IMG_4879.jpg IMG_4880.jpg 


あとがき
路線バス(T5番)は、空港 ~ ミラマール(Miramar)地区 ~ 旧市街 バスターミナル を巡回している。

平日は10分に1本の頻度でバス停に来るけど、日曜日(土曜日も?)は激減する(1時間に1本?)

クルーズ船搭乗日とサンファン発フライト日が日曜日だったので、なかなか路線バスが来なくて冷や冷やした。

サンファンの移動手段として、路線バス以外にもピックアップ型ミニバス(1.5USD)もあって、クルーズ船乗船日はこれを利用した。

“タクシーになるとドンっと料金が上がるから、貧乏旅行者の移動手段はlocal onlyなんだなぁ”   と思ふ今日この頃でございます


最後まで読んでくれて
よかったら   してほしいです やる気でます
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキングの詳細はコチラ

| プエルトリコ | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT